2006年11月のニュースリストに戻る

『三井住友カード、
 サンキュードラッグ全店に
 ケータイクレジット「iD」を導入』          

  (11/6) 


――電子マネー決済プラットフォームの拡大――
 
北九州・下関を中心にドラッグストアチェーンを展開するサンキュードラッグ三井住友カードエヌ・ティ・ティ・ドコモ九州はNTTドコモのおサイフケータイを活用したケータイクレジット「iD(TM)(アイディ)」を、11月1日(水)より、調剤薬局を含む全58店舗に導入を開始した。
「iD」は、「おサイフケータイ」を専用読み取り端末にかざすだけで、ケータイ1つで簡単・スピーディーに支払いが完了する決済サービス。「iD」のマークが掲示されている店舗ならどこでも買い物ができる。さらに、ポストペイ(後払い)方式なので、面倒なチャージも不要。顧客にスピーディーな決済でレジの混雑を回避できる。また、代金・つり銭の授受がなくなるため、現金授受の間違いが軽減できるといったメリットがある。サンキュードラッグは、「iD」導入により、顧客満足の向上に努めるとともに、更なる利用者の拡大と売上げ増加を図る。
三井住友カードは、今後も「iD」利用可能店舗の開拓を推進していく予定。
ドラッグストア・調剤薬局でもおサイフケータイ(R)で簡単に支払う事ができる時代がやってきた。今後も様々な分野で電子マネーインフラの構築が進んでくることにつながりそうだ。

「おサイフケータイ」及び「iD」はNTTドコモの商標または登録商標。

    



(C)轄通(このホームページの内容を無断で使用、転載する事を禁じます)

News52  THEロジ・ヤマダ  G'west  採用情報  会社案内  ホームへ戻る

Copyright © 1997 . All Rights Reserved.