2005年5月のニュースリストに戻る

『KDDIと沖縄セルラー、耐水・耐衝撃性を
 強化した携帯電話機
 「G'zOne TYPE-R」を発売』(5/30)


――利用シーンの拡大によるモバイルEC市場の拡大――
 
KDDI沖縄セルラーは、128万画素カメラを搭載し、折りたたみ形状ながら耐水・耐衝撃性に優れ、日常生活だけでなく雨の中での利用やアウトドア、スポーツなどにおけるハードな使用にも耐える「G'zOne TYPE−R」(製造:カシオ計算機)を本年7月下旬より全国で順次発売する。
「G'zOne TYPE−R」は、JIS保護等級7相当 (※1)の耐水性能に加え、サブ液晶周りなどの衝撃を保護するウレタン素材や衝撃を吸収し3種類で付け替え可能な「カスタマイズプロテクター」など、厳選された素材や機構による耐衝撃性能の強化により、雨の中での利用やアウトドア、スポーツなどにおけるハードな使用にも耐えうる「タフネス性能」を第3世代携帯電話で初めて実現した。
auでは、これまでもアウトドア志向のユーザー向けに「タフネス性能」を備えるモデルを発売してきた。今回の「G'zOne TYPE−R」は、128万画素カメラや高精細QVGA液晶、EZ「着うた(R)」、電子コンパスと連動した「EZナビウォーク」、相手の居場所を簡単に確認できる「安心ナビ」など最新の機能を備えた折りたたみ形状のスタイリッシュなモデルへと進化した。
また、「G'zOne TYPE−R」ならではの機能として、視認性に優れた時計や電子コンパス、1/100秒精度で計測できるストップウォッチといった様々な機能を利用できる丸型サブ液晶を採用。電池残量が少なくなってもアドレス帳や受信済みのメールを確認できる「エクステンションモード」や暗いところでも便利なモバイルライト機能などアウトドアやスポーツなどで役に立つ機能を多数搭載している。さらに、大音量のブザーを鳴らすことができる「ホットブザー」、滑りにくいディンプル加工などで使いやすさを実現した「フレンドリーデザイン」にも対応しているので、アウトドアのみならず日常生活においても様々なシーンで幅広いユーザーに使用可能である。
耐水・耐衝撃性の優れた商品開発により、携帯電話の利用シーン拡大にもつながると考えられる。モバイルコンテンツのダウンロードやシッピング、又はオークションの利用など、第三世代ならではの多様なサービスを充実した機能の活用で、モバイルコンテンツの消費形態の多様化にもつながる可能性がある。コンテンツ提供者やショッピングサイト側にも、こうした利用シーンの拡大に伴う新たな商品展開が期待され、携帯電話の機能拡充によるモバイルEC市場の拡大が期待される。

(※1)  常温で水道水、かつ静水の水深1mの水槽に静かに電話機本体を沈めた状態で約30分間、水底に放置しても本体内部に浸水せず、電話機としての性能を保つ。

    



(C)轄通(このホームページの内容を無断で使用、転載する事を禁じます)

News52  THEロジ・ヤマダ  G'west  採用情報  会社案内  ホームへ戻る

Copyright © 1997 . All Rights Reserved.