2002年5月のニュースリストに戻る

 

『古くからの友人のような関係!』(5/31)

――米アマゾンが通販カタログを掲示――


ま: ついにワールドカップ開幕ですね!「あ:」さん

あ: 長かった。。。ホント 長かった・・・
   感動です!!!

ま: そんな 目を潤ませなくても・・・
   ところで 「あ:」さんの事だから
   ワールドカップ関連の雑誌
   全部揃えてるんでしょうね

あ: 雑誌だけじゃないよ!
   いろいろグッズもそろえてるんだから
   日本代表のユニフォームでしょ
   それから・・・

ま: はいはい わかりました
   きりがない・・・

   でも 雑誌にグッズ・・・
   そろえるのって大変だったんでしょうね

あ: そうなんだよ
   興味ある雑誌―――関連グッズ って
   ハイパーリンク的に買物ができればいいのにね
   確か・・・もうすぐ可能になるかもしれない・・・
 

『米アマゾンが通販カタログを掲示』

インターネット販売最大手の米アマゾン・ドット・コムは自社サイト上で2000社を超える通信販売カタログやレストランのメニューなどの掲示を始めた。アマゾンはテスト展開だとしており、利用者がカタログ掲載の商品を買うには電話をかける必要がある。 ティファニーカルティエといった有名ブランドのカタログも載せ、自社サイトの集客力を向上させる。 

ま: 「本屋さん」がいきなり総合小売業ってかんじですね

あ: それが 可能な時代なんだよ
   でも それは店をOPENするだけならね!

   実際に商品が売れるかどうか?
   
   逆の見方をすれば
   お客様にとって満足できる商品のラインナップ
   そしてサービスを実現できてるかって事だからね

ま: なんだか教科書みたいなコメント
   「あ:」さん おもしろくないです

あ: 。。。。。。。。。。。
   でもやっぱりすごいことだよ
   だって 物流 決済といったインフラ部分の構築ノウハウを
   すでに持ってるって事がね!!

ま: えっ?
   つまり自ら商品を用意して販売するようになる。。。と?
   それじゃぁ 一般の小売業と変わりませんよ
   結局 リアルの店舗を有する小売業との競合ってことに?

あ: なんてったって 本屋さんでしょ?
   お客さん一人一人の興味・関心事を
   ある程度焦点絞れるじゃない!?
   ただ単に商品をラインナップするんじゃなくて
   お客さんの興味や趣味 といった属性の把握と
   購買履歴がデータベースとして残っていって・・・

ま: それって One to Oneってことでしょ

あ: まぁまぁ・・・ そう焦んないで!
   
   消費者の間に浸透している「ブランド」
   イメージや確かな品質 希少性 あこがれ・・・
   いろいろあると思うけど
   これからは 購買履歴といったお客さん一人一人の好み・属性を
   把握できるDBを蓄積できる「関係」を構築できることが
   ブランドにつながるんじゃない?

ま: えっ? つまりPOSデータを持てばブランドを所有できるって?

あ: いやいや。。。

   お客さん一人一人の属性に合った
   商品ラインナップができる商店
   例えばクルマ好きの人にはパーツ屋さんとか。。。
   消費者にとって自分を満足させてくれる商店
   つまり 今 自分が何を欲しているのか?
   明確に自分でわかっていたり。。。
   あるいは消費者自身 わかってない or 知らなかったりね!
   そういう部分を
   お客さんとの情報交換 = 価値交換の機会を重ね
   蓄積したデータを活用できるってわけ!

   長く付き合っている古くからの友人のような関係にね!

ま: 興味や関心事がわかるデータって
   そういう意味で非常に重要になってくるんですね
   みんな手に入れようとするのわかります!

あ: あこがれ的高級商品から
   自分が認めた最高商品の選択時代にふさわしい
   ブランド時代に移りゆく時代なんだよね。。。今は。。。

 

 

(C)轄通(このホームページの内容を無断で使用、転載する事を禁じます)


News52  THEロジ・ヤマダ  G'west  採用情報  会社案内  ホームへ戻る

Copyright © 1997 . All Rights Reserved.