2002年5月のニュースリストに戻る

 

『「広告」じゃなく「狭伺」!?』(5/28)

――CM好感度、サントリーが9年連続で首位――


あ: のど乾いたなぁ・・・
   「ま:」さん ちょっとジュース買ってきてよ

ま: 僕は「あ:」さんのパシリじゃありません!!
   って言っても聞く耳なしって感じ?

あ: わかってるなら早くね!
   いつものだよ

ま: よく毎日同じモノを飲めますねぇ
   たまには違ったモノ飲みません?

あ: 何かオススメでもあるの?

ま: 今、何が人気あるのか。。。知ってます?
   「流行に敏感」な「あ:」さん・・・?

あ: ん―――
   CMの人気ならさっき知ったんだけどなぁ

『CM好感度、サントリーが9年連続で首位・2001年度まとめ』
 

「CM総合研究所」を主宰する東京企画は、2001年度の「CM好感度白書」をまとめた。視聴者から好感度の高いCMを制作した「日本のベスト広告主50社」では サントリーが9年連続で首位に輝いた。サントリーはコーヒー飲料「ボスHG」で、異業種とのタイアップで1つのCMで2つの商品・サービスを宣伝する 「コラボレーション(協業)CM」に取り組み、視聴者の関心を集めた。2位はコーヒー飲料「ジョージア」や清涼飲料水「Qoo」などを宣伝した日本コカ・コーラ。3位は人気アイドルグループ「TOKIO」をビールのCMキャラクターに採用したキリンビール、4位は井上陽水が出演した「聞茶」のCMのキリンビバレッジで、飲料メーカーが上位を独占した。

ま: 好感度上位を飲料メーカーで独占?
   飲料業界ってCM界のジャニーズ事務所のようですね

あ: ・・・・・・・・・・・・

   確かにいずれのCMも
   印象に残ってるよね
   
ま: 特に コラボレーションCMは
   脳裏に残ってますよ
   いろんな企業のCMを通して
   ストーリー性を持たせて・・・
   それがまだ続いてるんですから!
   CM界のサザエさんになったりして!?

あ: それにしても この好感度っていうのは
   いろんなケースで調査されてるでしょ
   例えば・・・・

ま: 芸能人ですね!
   「好感度ナンバー1」とかいうやつです!

あ: 芸能人の場合
   そのまま人気のバロメーターとなって
   仕事にも影響するんだろうけど・・・
   企業が提供する商品やサービスのCMに対する好感度が
   どれだけ会社にとってメリットを創出したのか?
   これからこうした直接的影響度の算出方法とその根拠が
   商品カテゴリーやコミュニティ毎などに
   細分化されていくべきじゃないかな?
   それに企業の知的資産としてのブランド価値の算出もね
 
ま: 細分化するとなると・・・
   「一般的」な人気であるとか
   世間の流行が生まれないって事ですか?
  
あ: いやいや
   マス的部分とニッチ的部分
   双方とも存在すべきなんじゃない?
   生まれてから一生を終えるまで
   自分の趣味の世界内だけで生きていく人も少ないだろうし。。。
   人それぞれのニッチ的な部分の「深さ」って
   マス的な部分があってこそ
   はじめて価値がでてくると思うんだよ

ま: そっか!そっか!
   誰でも知ってる情報があってこそ
   ニッチ情報がニッチでいられるわけですね!

あ: それと・・・ 広告活動自体も
   ディマンドチェーン型の広告が増えてくるんじゃないかな

ま: んっ? なんですか?それ

あ: 新製品を売り込む際
   もちろんマーケティングを十分に行った上で
   広告活動を行うんだけど
   個人個人が持つ趣味の世界などにみられるニッチ分野においては
   商品・サービスの供給者が紹介やアピールといった活動をするだけでなく
   需要者側からのニーズを引き出す行為自体が「広告」
   いや ――― 「広」く「告」げなくてもいいから・・・
   「狭伺」活動といえるんじゃない!?
   
ま: 広く告げる というよりも
   狭く伺うって事ですね?

あ: 単純にニーズの把握って事ではなくて
   期待値を途絶えさせない
   情報発信方法が必要なんじゃないかな?
   
ま: 一気に広がれば 流行廃れも早い傾向にあるって事ですね?

あ: そういうことだけじゃなくて・・・
   新製品を次々と世に送り出す以外にも
   満足度や期待値を継続させることができるって事だよ

 

 

(C)轄通(このホームページの内容を無断で使用、転載する事を禁じます)


News52  THEロジ・ヤマダ  G'west  採用情報  会社案内  ホームへ戻る

Copyright © 1997 . All Rights Reserved.