2002年5月のニュースリストに戻る

 

『リアルはリアル!バーチャルはバーチャル!』(5/14)

――コナミ、指1本触れずに楽しむ体感系格闘玩具を発売へ――


あ: ちくしょー 又負けちゃったなぁ

ま: 「あ:」さん ゲーム ヘタクソですね!
   全然駄目ですよ それ

あ: もう一回勝負を・・・・

ま: 何回やっても同じです!
   あきらめて下さい!

あ: そんな事言わずに。。。ねっ!!

ま: 嫌です!
   楽しくないですもん! 

あ: よし! そこまでいわれちゃ仕方ない!
   ホンモノで勝負だ!!!

ま: いつでも受けてたちましょう!
   って ・・・ どっちでも一緒ですよ
   オセロゲームなんだから。。。

あ: 。。。。。。。。。。。。
 
『コナミ、指1本触れずに楽しむ体感系格闘玩具を発売へ』

コナミは、向かい合った二人が実際に触れることなく格闘を楽しむ玩具「サイバーナックル」を開発し「2002東京おもちゃショー」に出品した。対戦する二人は、加速度センサと赤外線送信部を組み込んだ「シューティンググローブ」を片手にはめ、赤外線受信部を載せたヘッドギアを頭につける。シューティンググローブをはめた手から繰り出されるパンチの加速度に応じて赤外線の強度が変化し、それをヘッドギアで受ける相手側では信号の大きさによってダメージの度合いが決まる。

ま: これでしょ これからはこれですよ!  
   本格的体感ゲームの時代ですよ
   レバー ボタンの時代の終焉かもしれません!!

あ: 終焉かどうか? わかんないけど
   確かに実際の人間の動きに連動したゲームだね
   よくゲーム製作にも利用される
   モーション・キャプチャーのようだね
   
   医療の現場においても
   遠隔操作による処置なんかも
   現場から送られてくる画像を見ながら
   微妙な操作を行ったり。。。

ま: このゲームでは
   人間の動きを再現するだけでなく
   その動き自体の強さであるとか早さも表現できるんですよね!
   このゲームを通じて
   もしかすると本当に強い人間になれるかもしれませんよ!
   いよいよゲームから現実へのフィードバックも可能ですね

   サッカーゲームだと。。。
   ネットワークを介して
   バーチャルなチームができあがって
   しかもコントローラーではなく
   実際に自分が走ったりスライディングしたり。。。

あ: おいおい
   それは大変だぞ!
   マンションなんかだと下の階に響いちゃうぞ!

ま: だから消音機能付き専用マットとか登場して。。。

あ: 。。。。。。。。。。

   バーチャルな世界を通して
   リアルに近い「感覚を得る」事ができたり。。。
   リアルに反映することができるようになってるっていう
   「ま:」さんの考えは一応わかるけど。。。

   適合する部分とそうでない部分があるはずでしょ

ま: ??????
   そんな事ないでしょ
   例えばこのゲームを極めれば。。。
   ケンカも強くなるはずです!!

あ: そっかぁ????
   体を動かして
   パンチのスピードが上がったり
   身のこなしとかは レベルアップ(?)するかもしれないけど
   「ホンモノ」のケンカが強くなるかどうかといわれてもね。。。

ま: そっかぁ。。。 そうだなぁ。。。
   実際にダメージを受けるわけじゃありませんからね。。。

あ: たださっき言ったように
   局所的な能力の向上。。。例えばスピードがあがるとか。。。
   につながる可能性は有り得ると思うけど
   例えバーチャルがリアルに近づいても
   リアルの価値が下がる事はないし
   逆に価値が上がるって事も考えられるでしょ

   それが店舗であったり
   ライブであったりする訳だから!

   バーチャルな世界の利用方法は
   別にリアルに近づける為だけに固執せずに
   バーチャル独特の利用のされ方を極めるべきだし
   そういう技術・サービスが出始めている

   身近な例が野球観戦でしょ

ま: 野球場の臨場感 VSテレビ観戦の情報量 ですね!

あ: リアルは常にリアルでしかあり得ないって事!
   特に販売の世界においては
   リアルに近づける為のツールというよりは
   独自のサービスや価値交換の手法として
   考えるべきじゃない?

   例えばリアル店舗では実際の商品を手にする事ができるとして。。。
   Webサイトで同じような感覚を再現しようとするのではなく
   その商品の完成に至るまでの製造過程がフラッシュバックできたり
   産地によって価値が大きく変わる商品については
   その産地の風景や生産者の声が聞けたり。。。
   或いはユーザーの生の声が聞けたり。。。

ま: リアルはリアル!
   バーチャルはバーチャル!って事なんですね!
   一緒にはなれない・・・?

あ: 同じ機能を果たそうとする必要がないだけの事だよ
   だって そうしようとすると・・・
   そこには「嘘」が生じやすいからね!
   これからの時代は「ホンモノ」しか生き残れないから。。。

ま: じゃぁ 僕はホンモノの武道家になれって事ですね!

あ: ?????
   なれるものならなれば。。。
   

 

 

(C)轄通(このホームページの内容を無断で使用、転載する事を禁じます)


News52  THEロジ・ヤマダ  G'west  採用情報  会社案内  ホームへ戻る

Copyright © 1997 . All Rights Reserved.