2002年5月のニュースリストに戻る

 

『物流的視点を重視した流通システム』(5/2)

――切り花「タテ」で運べ・バケット流通、普及へ芽吹く――


ま: あぁ・・・
   もうすぐ母の日ですね

あ: なんで「あぁ・・・」なの?

ま: いやいや
   毎年 何を贈っていいのやら
   悩みません?

あ: えっ???
   「ま:」さんって。。。

ま: なんですか?
   僕が母の日プレゼントしちゃいけないっていうんですか?

あ: いやいや。。。そんな事は。。。

ま: 失礼な!!!!

あ: ゴメン ゴメン (そう思ったから仕方ないんだけど)
   そうだなぁ
   やはり 花 でしょう!

ま: ん。。。 定番すぎますね
   何か変化が欲しいところ

あ: 今までとはちょっと違う。。。
   横 から 縦になるんだって!

ま: はっ?
 
『切り花「タテ」で運べ・バケット流通、普及へ芽吹く』 

切り花の運び方が大きく変わり始めた。段ボール箱に寝かせて運んでいた従来の手法に対し、水を張ったプラスチック製のバケット(バケツ)に花を立てて運ぶ「バケット流通」が広がっているのだ。自然な形で扱うため日持ちや鮮度が向上、関係者は花の販売の拡大につながるとして期待している。

ま: 横を縦へ?
   たったそれだけで世の中変わるもんですかね?

あ: これは画期的な考え方だと思う!!

ま: 画期的って。。。
   横が縦になるだけで?

あ: 発想の転換というか
   「発送」の転換だよ

ま: おもしろくないですね

あ: 。。。。。。。。。。

ま: ただ商品自体の鮮度や
   食品だったら賞味期限とか
   そういう側面で見ると
   流通自体に大きく変化するっていうのはわかります

   身近なところでは冷蔵・冷凍の宅配便なんて
   我々の生活シーンで大きく貢献してますよ!! 
   感謝 感謝!!

あ: そうそう 確かにね
   ただ今日話をしたいのは。。。
   物流的視点を重視した流通システムもあっていいって事!

ま: 物流的視点を重視??
   それはみなさんよくわかってますよ!
   「あ:」さんに言われなくても

あ: きっついなぁ〜 そう言われると。。。
   ただ 僕が言いたいのは
   SCMとか流通コストの最適化の1部分として
   物流機能を捉えるのではなくって。。。
   物流システムを基幹とした流通が
   あってもいいんじゃないか?って事!

ま: はぁ???
   ますますわかりません
   じゃぁ 販売や製造といった他の機能は・・・・

あ: 勿論、流通として必要な機能
   製造、卸、小売、金融、広告・マーケティング
   そして物流は全部大切だって!
   最終ユーザーまでの流通を
   誰が?どう?デザインするのか?
   それが物流を中心としてデザインされても
   いいんじゃないかって!!


ま: 物流を中心といいますと。。。例えば?

あ: 横から縦へ。。。
   これだけじゃなくて
   商品のパッケージサイズや輸送方法
   パレットサイズの統一
   しいては輸送手段の統一化
   トラックの車種統一とかね!
   それが業界の標準になっていったり・・・

ま: つまり
   徹底的に物流最適化を追求した流通システムですか?
   できるのかなぁ。。。

あ: できた企業って
   第二のユニクロかもね!

ま: えっ!!!???

 

 

(C)轄通(このホームページの内容を無断で使用、転載する事を禁じます)


News52  THEロジ・ヤマダ  G'west  採用情報  会社案内  ホームへ戻る

Copyright © 1997 . All Rights Reserved.