2002年4月のニュースリストに戻る

 

『「JAPAN」を感じる!』(4/18)

―帝国ホテル、ネスレと組んでギフト販売――


ま: 「あ」さん早く帰りましょうよ。。。
   もうクタクタなんですから

あ: そんなせかさないでよ
   大切な人への贈り物選びしてるんだから

ま: そんな事言って
   もう5件目ですよ! デパート巡り
   いいかげん早く決めちゃって下さい

あ: あれこれ考えるんだから。。。
   もし嫌いなものだったら とか
   かといって無難なモノって他にも貰ってそうだし
   せっかく贈るんだから喜んでもらいたい!

ま: だったらこんな商品はどうですか?

あ: ???
 

『帝国ホテル、ネスレと組んでギフト販売』

帝国ホテルネスレ日本と組んでギフト商品を販売する。まず、今年の中元商戦向けにレアチーズケーキ2種を開発し、ネスレの高級リキッドコーヒーと詰め合わせて発売する。両社のブランドの相乗効果をテコに、伸び悩むギフト市場で拡販を狙う。帝国ホテルが他社とギフトを共同展開するのは初めて。

あ: 帝国ホテルだよ・・・
   あの帝国・・・

ま: そんな 構えなくても
   「あ:」さん意識しすぎ?

あ: そりゃぁ・・・
   あの帝国―――

ま: もう いいですって!!!

あ: いやいや
   世界で唯一? トヨタセンチュリーが一同に会すとこ・・・
   そんな中自分でハンドルを握って
   行くのはある意味恥ずかしい?

ま: 「あ:」さんをそこまで思わせるとは・・・
   このコーヒー詰め合わせには。。。期待大

あ: 特に贈答用の商品選びってなると
   気を使うでしょ
   半端なモノは贈れないし
   
ま: 何これ!?って思われるのが
   ホント 気を使います

あ: どうしても
   「のし」「ブランド」に頼っちゃうじゃない
   
ま: でも そもそもそうしたブランド力って
   品質の「証」・・・
   本来 生産者のものじゃないですか?
   勿論今は。。。小売業としてのブランドなど
   「ブランド」が広義な意味になってます

あ: 生産者。。。そして完成メーカー。。。販売流通網
   そこで付加されるメーカー・小売「ブランド」
   一つの商品が完成し 我々の手元に至るまで
   必ずしも元の生産者ブランドを見る事って多くはない。。。

ま: それがOEM。。。なんでしょ?
      
あ: 日本国内でも
   元々 高い生産技術を持った中小企業
   そして各地の伝統的工芸がある

   ブランドがこれまでの構図を越えた
   生産物と知的価値の融合も考えられるかもしれない
   今回のような食品メーカーとホテル
   他には。。。料亭と八百屋さん

ま: えっ!? 料亭と八百屋!
   高品質な食材という事?
   おもしろいかも!?

あ: 街を歩いると・・・
   ふと気付けば どこの国なのかわかんない・・・
   高いビル・・・オープンカフェ・・・ 
   と思ったら急にゴシック風建築の登場・・・

   ワンポイントシャツが再び流行するような感じらしいけど???
   もっと時代をさかのぼって・・・
   「JAPAN」を感じる事ができる 
   商品流通がきっと受け入れられるはずじゃない!?

ま: 今年はワールドカップ・イヤーですし
   国が一つになるきっかけに。。。

あ: コスタリカ戦。。。残念だった。。。
   本番 勝てばいい・・・

ま: もう「あ:」さんは本番モードですね

 

 

(C)轄通(このホームページの内容を無断で使用、転載する事を禁じます)


News52  THEロジ・ヤマダ  G'west  採用情報  会社案内  ホームへ戻る

Copyright © 1997 . All Rights Reserved.