2002年4月のニュースリストに戻る

 

『ネットワークの進化で長寿商品誕生!』(4/12)

――FFXIはゲームの“限界”を破る――


ま: あと1ヵ月少々。。。
   待ち遠しいなぁ

あ: ん? なになに 1ヵ月?
   ああ!! ワールドカップね! 
   そうそう いよいよ世界の技が目の前で
   云々・・・・・・・

ま: いえいえ
   ワールドカップじゃありません!
   その前に! FFですよ!

あ: FF!? 
   「ま:」さん 得意の「ゲーム」の話ね!!
  

『FFXIはゲームの“限界”を破る』

5月16日,ファイナルファンタジー(FF)シリーズ最新作「ファイナルファンタジーXI」が発売される。同シリーズは,国内・海外合わせて累計で約3800万本を売り上げたソフト。FFXIは,FFXIのDVD-ROMとネットワークサービス「PlayOnline」のCD-ROMの2枚組みで,7800円で発売される。別途,コンテンツ使用料として月額1280円が必要となる。

ま: 今度のFFは
   ソフトとコンテンツ使用料
   今までにない収益モデルとして注目です

   ゲーム、音楽、映像。。。
   コンテンツ産業のビジネスモデルは
   まさに今 転換期です

あ: パッケージ化されたコンテンツが
   ネットワークとの融合によって
   キャラクターなどの追加も可能!?
   ひとつのパッケージ商品が
   いきの長ーい商品となる方法なのかな!?

ま: 最後の強敵を倒し
   クリアーしたと思ったら・・・
   更に強力なボスキャラがネットワークを介してやってくる?
   なんかワクワクします   

あ: 継続性のあるコンテンツの楽しみ方として
   消費者のパッケージソフトの保持欲も高まるし。。。

   コンテンツの中古流通も
   発生しないのかも

ま: そっかぁ。。。
   どうもFFのような大作RPGなんかは
   意外と短時間で解いちゃって
   「消費」し終えちゃいますよね
   それが。。。永遠に更新されていって・・・

あ: えっ?
   でもそれって。。。
   パッケージっていらないんじゃ?
   B・B時代だし。。。

   ゲームや音楽
   それぞれパッケージ単位で流通していたものが
   1キャラクター、1曲毎の「更新」というカタチで
   細切れな流通方法と
   継続的な収益方法へと変化していくのかもしれない

   ネットワークの進化によって
   商品寿命が延びるケースも出てくるのかもしれないね

ま: ゲームの製作方法も
   シリーズ毎でなく
   「ステージ」やキャラクター毎に
   価値交換が行なわれるんですね!

   これで一気に徹夜して
   RPGを解いていかなくても済む?
   スポーツ系のゲームでも最新情報で
   トレード・新加入も対応ですよ!
 
あ: コンテンツの楽しみ方って
   「男はつらいよ」式にね!
   ずーっと継続した楽しみ方でね

ま: でも。。。
   月額使用料がかかるんでしょ。。。
   オンラインゲーム破産が増えたりして!?

 

 

(C)轄通(このホームページの内容を無断で使用、転載する事を禁じます)


News52  THEロジ・ヤマダ  G'west  採用情報  会社案内  ホームへ戻る

Copyright © 1997 . All Rights Reserved.