2002年2月のニュースリストに戻る

 

『昼の顔と夜の顔』(2/7)

――日本IBM、夜間蓄電パソコンを発売――


ま: ゴロゴロ ピカッ!
   うわぁ〜 カミナリだ

あ: ゴロゴロ
   こりゃ 近いねぇ

------プッツン・・・------

ま: あちゃ〜
   停電ですよ!PCも使えないし
   これじゃ仕事になんないですね・・・

あ: 何を言ってるんだい
   バッテリーだけであと何時間かは
   持つでしょ

ま: だって僕のPCディスクトップ
   なんですもん

あ: そりゃダメだね
   僕なんて余裕のよっちゃ・・・
   プツン・・・
   あっ バッテリーの充電切れた。。。

ま: 夜間蓄電パソコンにすべきですよ!

あ: 夜間蓄電???
 

『日本IBM、夜間蓄電パソコンを発売』

日本IBMは、関西電力などと協力して、夜間に蓄積した電力を昼間に利用するノート型パソコンを今月中に発売する。パソコンを使わない夜間に、電力会社が送る電気を内蔵バッテリーに蓄積、昼に電源をバッテリーに自動的に切り替える仕組み。

ま: 利用していない時間を
   利用することによって
   付加価値を追加する
   取組みですね

あ: コストや環境面でも
   メリットがあるようだね

   このように使わない時間を
   利用して付加価値を提供する
   試みがこれから広がって
   くるかもしれない

ま: 家電製品なんか
   夜中にすべて充電してるかも?

   それにノートパソコンと言っても
   企業内では意外に持ち運んで利用する機械って
   多くないんですよね
   だからバッテリーが長持ちしなくなっちゃったり。。。。   

   現在の提供価値をサポートする他に
   まったく別の機能を提供するような
   商品も出てくるんじゃないですか?

   消したTVが防犯カメラになったり・・・
   TVが消えて誰もいない部屋の監視!

あ: ん〜 泥棒発見! で貞子が出てきたら怖いよね

ま: 。。。。。。。。。。。。

あ: 現在の提供価値だけでは差別化が
   図り難くなってきた今!
   こういった「利用しない空白時間」で提供される
   機能の部分に価値の比重がシフト
   していくかもしれないね

ま: 新しいマックが
   使用していない時は
   ほんとに電気スタンドとして使えたり・・・

あ: ただここで注意しなければならないのが
   あくまで本来の機能を利用していない時に
   付加価値として機能を提供するってこと!

   消費者にとって本来の機能
   プラスαでいかにメリットを
   提供できるかが重要なんじゃないかな

ま: 本来の本質と付加的機能が
   うまく組み合わさって初めて付加価値が生じる
   邪魔だとか余分な機能なんて思われたら
   ほんと意味ありませんから!

あ: 一つ一つの製品別に
   「利用タイムフロー」なんか作ってみると
   面白い結果がでてくるかもね!

   必ず同時に使われる商品
   逆にどちらかしか使わない二つの商品。。。
   夜11時以降はほとんど利用されない商品。。。
   タイムフロー別に商品が融合したりね!

   どんどん便利になる家電製品
   でも環境問題も含め
   利用者ですら気が付かない
   「タイムリー」な提案が
   まだまだあるって事だよ!

ま: 時代の変化や流行という意味でのタイムリーではなく
   利用者側の利用時間としてのタイムリーなんですね
   
あ: そうそう!
   決して単に多機能化という意味ではなく
   一つの商品24時間使い続けますか?って事!
   昼の顔と夜の顔。。。
   商品によって異なるモノがあってもいいんじゃない?
   それがメリットあればね!

ま: そうですよね!
   僕のディスクトップにも
   隠れた機能がついてたりして!!!

   隠れたバッテリーが存在するかも???
   電源を入れてみると・・・

あ: 「ま:」さん
   PCから煙が出てきてるけど・・・
   さっきのカミナリのせいじゃ・・・

ま: 隠れた機能ですよ!
   煙がでるPC・・・
   イリュージョンPCですよ!
   なんか。。。創作意欲が沸いて・・・・

あ: はやく修理に行きなさい
   

 

 

(C)轄通(このホームページの内容を無断で使用、転載する事を禁じます)


News52  THEロジ・ヤマダ  G'west  採用情報  会社案内  ホームへ戻る

Copyright © 1997 . All Rights Reserved.