2002年2月のニュースリストに戻る

 

『裏方→重要な購入決定要素』(2/1)

――カスタム自転車に活路――


ま: スカイラインGT−Rの記念車への予約が
   即日限定台数1000台に達したらしいですよ!

あ: 何!!!
   1000台が即日で!??
   最近 そんなに一気に販売されてなかったんじゃない?
   まぁGT−Rファンには
   たまらないんだろうけど。。。

ま: プレミアによる価値も
   かなりのものでしょうし・・・
   僕も予約しておくべきでした

あ: そうそう。。。
   僕も昔、スカイラインに乗ってたし。。。
   気持ちはわかるよ
   一度は乗ってみたいGT−R

ま: あーぁ あんな車が自分で作れたらな・・・
   足回り替えてレカロのシート入れて

あ: そんな「ま:」さんには
   なんと!
   夢の自転車がつくれるかも!?

ま: えっ?
   自動車じゃなくて自転車?
 
『カスタム自転車に活路』

自転車の世界では、オーダーメイド型の「カスタム自転車」という分野は特に目新しいものではないが、最近ではマニア層を中心としてインターネット販売によって全国レベルの商圏に押し上げることで有望ビジネスへと発展している。

ま: 最近ではカスタム自転車のフレームに
   チタン合金を使用したものなんかも
   出てきてるみたいですね

あ: えっ!ということは
   ゴルフ場のハンディホールなんかで
   カスタム自転車をフルスイングなんて
   光景がTVなんかで見られるかも!?

ま: ※▼△〆凵E・・
   あのBIG3ならありえますが・・・

   オーダメイド型の購買パターンも
   インターネットを中心として
   いろんな分野で実現されてます
   消費者側での「こだわり」も
   より細かい部分にまで注視されます

あ: 特にオーダーメイド型流通に関しては
   ユーザー側の好みのカタチ、色といった
   ハード的な選択肢と
   パーツメーカーとしての「ブランド」も
   重要な購入決定要素になる

ま: そうですね
   ニッチ層に認知されている有名部品メーカーって
   結構多いんですよね
   自動車にしても パソコンにしてもね!
   
   実際こうした部品ブランドを軸に
   商品を購入する意思決定プロセスもありますね

   車だってオーダーメイドで作れるようになると
   ビルシュタインやエナペタル、コックスといった
      パーツのフル装備!
   なんて車を創りだせるかもしれませんよ!

あ: ディテール(細部)を起点とした
   オーダメイド商品。。。
   まで裏方になってきた部品メーカーにとっても
   ブランド戦略が重要なポイントになるって事!

   携帯のアンテナは○○社が電波の入りがいい!
   だからアンテナの部品はやっぱ○○だな
   なんて会話が聞ける???

ま: より一層、消費者が各部品に関して
   突き詰めていくようになりますよ!
   情報収集力が飛躍的に向上していますから!

あ: 実はこうしたパーツメーカーって
   各分野でのシェアが高い場合が多いんだよ
   当然「その道」でのブランド力って高い!
   部品だけで直接消費者への流通構造を
   持つメリットのある企業と実際そうでない企業 
   いろいろあると思うけどオーダーメイド型の流通を始め
   消費者がこうしたディティール部分までの
   情報収集を行ない易い時代
   完成品メーカーとして
   部品ブランドの活用もいろいろやってるでしょ

ま: 。。。。。。。
   あっ! そうそう!
   デジカメですよ!
   SONY + カールツァイス
   パナソニック + ライカ!  
   今まで「何それ?」って思っていた人でも
   何か。。。よさそうな。。。ってね!

あ: マス的な媒体だけじゃなく
   ニッチな層への情報発信も含めて
   パーツブランドが今まで以上に確立されて
   購買意志決定への重要な要素になってくるかも。。。
   テレビや携帯電話でも。。。
   まさに複合型!?

ま: やっぱ変速機はイタリア製の
   「カンパニョロ」にしよう!
   ブレーキは・・・

あ: そうそう!  そんな話
   ニッチ層だけのものじゃなくなるかもよ!
   購入前にはね!!

 

 

(C)轄通(このホームページの内容を無断で使用、転載する事を禁じます)


News52  THEロジ・ヤマダ  G'west  採用情報  会社案内  ホームへ戻る

Copyright © 1997 . All Rights Reserved.