2002年1月のニュースリストに戻る

 

『商品を生涯売上金額で考える!』(1/30)

――トヨタ自動車、中古車事業を収益源に――


ま: 「あ:」さん今日って
   何日でしたっけ?

あ: 29日だけど
   何かあった?

ま: あちゃ〜
   今日車検の日じゃん!!!

あ: そりゃヤバイね
   TOYOTAに行って
   車検してもらえば?

ま: だって3日ぐらいかかるでしょ?
   スグに必要なんですよね・・・

あ: 今は1日できるでしょ
   CMでもやってるじゃない

ま: そうなんですか???
   情報収集不足・・・
   でもこんな情報なら知ってますよ!
『トヨタ自動車、中古車事業を収益源に』

トヨタ自動車は2002年度中に中古専門の新販売網を構築し全国展開に乗り出す。トヨタが始める中古車専門販売店は「aeta(アエタ)」。展示台数80-150台程度の中規模店で、トヨタ製以外の中古車も販売する。新販売網ではトヨタ主導で全国統一ブランドを導入、顧客・在庫の管理手法も提供して店舗運営を支援する。

ま: TOYOTAが中古車市場にも
   統一ブランドで進出です!
   中古車の年間の登録台数は
   新車の台数を上まわってるようですから

あ: 中古車市場はガリバーハナテン
   Gなんかの独立系専業会社が
   主導権を握っている状態!
   いろんな意味で注目したいね!

ま: いろんな意味でですか?

あ: 中古車市場以外の他業界でも
   同じようなことが起こる???

   例えば家電業界で
   SONYが中古AV機器販売店
   「USED SONY」なんか始めたり・・・

ま: こういった統一の新販売網を整備することで
   様々なデータ管理ができるようになりますよね

   中古のように一物一価の市場で
   売れている商品、売れない商品

   新品ではサッパリなのに
   中古市場では価値があがったり・・・

あ: 商品の信頼性や価値の維持って
   いう部分も考えているだろうね

   もちろん整備やメンテナンスなども
   充実させないといけないだろうけど・・・

ま: そうなってくると
   モノ作りに対する考え方にも
   少なからず影響が出てくるんじゃないですか?

あ: 新製品時での販売数
   そして中古製品となった時点での市場価値。。。
   一つの製品における寿命期間中の
   ハード的・ソフト的価値を維持・向上するようにね

   「生涯売上金額」で考えると
   新車販売 + 中古市場で売上の
   均一化が計れればいいという感じで・・・

   一商品毎の生涯売上金額のような考え方も
   大事になってくるかもね

ま: 長期的に価値があまり変化しない商品
   にはそういった考え方が
   活用できそうですね

あ: それとユーザー毎に
   継続したメリットを
   出せるかってことが大事だろうね

   消費者に対してずっと継続して
   顧客になってもらうための取組みがね!

ま: 中古品の下取り価格によって
   新品の値段を変動性にしたり・・・

   さぁ僕も今日から優良顧客!
   車検で新車を割引だ!

あ: TOYOTAへGO!
   そんな制度があればいいけどね!

 

 

(C)轄通(このホームページの内容を無断で使用、転載する事を禁じます)


News52  THEロジ・ヤマダ  G'west  採用情報  会社案内  ホームへ戻る

Copyright © 1997 . All Rights Reserved.