2002年1月のニュースリストに戻る

 

『ニセモノや復刻版が高価格に!』(1/22)

――”着古し”の新品お好み次第――


ま: 昨年の「ベストジーニスト」は
   SMAPの草なぎ剛と浜崎あゆみ
   受賞されましたよね!

あ: そうだね!
   ベストジーニストか・・・
   昔は目指したんだけどね。。。

ま: ※■△∽〆・・・

あ: 「ま:」さん!
   1984年の第1回大会の受賞者誰か知ってる?

ま: さぁちょっと分かりませんが・・・

あ: 郷ひろみと浅野ゆう子 !!!
   おしくも僕は負けたんだけどね

ま: まったく審査対象外だとは
   思うんですが・・・

   そんなことより
   ジーンズ一緒に買いに行きません?

あ: この間買っちゃったよ!
   必死ではき続けてるんだけど
   なかなかいい感じの色にならなくて・・・
   理想の色になるまでは時間がかかるよね

ま: じゃなおさら一緒に買いに行きましょう!!!
   僕なんてスグにビンテージ風
   ジーンズを手に入れられるんですよ!

あ: まじで???
 
『”着古し”の新品お好み次第』

英国の人気ブランド「ポールスミス」が東京・渋谷に開いたジーンズショップ「RED EAR HORN」はジーンズを加工し理想の”着古しジーンズ”にしてしまうオーダーサービスを展開している。色合いは客の好みじ応じて五段階あり、ヒゲと呼ばれるシワの入り具合や、尻ポケットのサイフの跡など客の細かな注文にも応じる。

あ: 確かにこれだと
   何年も使い古したようなジーンズを
   スグに手にいれられるね
   でも本物志向の僕にはチョット・・・
   本当に自分で使いきらなきゃ!

ま: いやいや ちょっと待って下さい
   別に本当に古いジーンズを
   提供してくれる訳じゃないんですよ!
   要するにデザインの一種って考えるべきじゃないですか?
   これって!
   細々した点まで要望できるみたいですし。。。
   僕はお願いしようと思ってるんですよ

あ: ん。。。 デザインの手法ねぇ
   本物のビンテージものと比べると
   当然希少性であるとか歴史的な価値には
   期待はできなんんだけどね
   一種のデザイン やオーダーメイドとして考えると
   こういうのも”あり”かもね!?

ま: 確かに数に限りがあるモノや
   生産地・素材が限定的だったりするものって
   マニアを中心に市場ができたりして
   価値がグーンと上がっちゃいますよね

   ○○風や○○チックな商品って
   大量に生産できたりしますから
   一つ一つの価値は。。。
   
   確か「あ:」さんのクルマって
   木目「調」のステアリングですよね。。。

あ: ウッドだ! あれはウッド!
   木目調じゃないの!!!

ま: そうでしたっけ?

あ: 確かにインパネまわりはウッド「調」だけど。。。

   簡単に再現できたり複製できる商品は
   比較的価値がそんなに高くないものが多い

   モノとしての価値よりも
   そのデザインや製法自体に
   知的生産物としての権利が生じたりすると・・・
   価値比重がソフト的なモノへとシフトする   

ま: そうなると
   ビンテージジーンズ風ジーンズは
   モノ自体は安いけど
   製法・デザインを知的資産としてみれば
   価値は高くなる!

   ニセモノや復刻版も高価格になっちゃうって事ですか?

あ: ひょっとするとオーダーメイド品やオリジナルデザインの方が
   低価格になったりするかも???

   自分のオリジナルであるため
   知的 著作権が発生しないでしょ
   大量に出回る商品に関しては
   生産コストは安いけど
   知的資産が加わったりして高付加価値に?

ま: オーダーメイドが
   安くなるかもって事ですね!
   ほんとうにそんな時代が来るのかなぁ・・・

あ: どんな商品でもハード的価値と
   ソフト的価値が含まれているんだけど
   今、ハード的価値の比重が高い商品でも
   価値比重がシフトするかもしれないって事!
   音楽CDを考えてみてよ
   ハードとしてのCDと
   コンテンツとしての音楽。。。
   アルバムが3000円として
   何割 対 何割なんだろうね。。。  

ま: 自分でデザインしたり製法を使って
   作れれば安いけど自分ではできない・・・
   プラスαの料金を支払って商品を購入。。。

あ: ハードからソフトへの時代は
   こんな感じなのかもしれないよ!

 

 

(C)轄通(このホームページの内容を無断で使用、転載する事を禁じます)


News52  THEロジ・ヤマダ  G'west  採用情報  会社案内  ホームへ戻る

Copyright © 1997 . All Rights Reserved.