2001年9月ニュースリストに戻る

 

『○○○ inside』(9/4)

――IBMも“入ってる”マーク導入――


あ: ムムッ!!
   (「ま:」さんの後ろ姿を見て・・・)

ま: !!!???
   何ですか? 人の事ジロジロ見て!!

あ: ひょっとして・・・
   太った???

ま: (今一番触れられたくないのに・・・)
   そうなんですよ!
   気候も過ごし易くなってきましたし
   どうしても食欲が・・・

あ: この時期気を付けないとね

ま: でも。。。単に太った訳じゃありませんよ

あ: 太るのに何か種類でもあるの?

ま: 要するに何が増えたかって事が重要なんでしょ!!

あ: そうそう
   ○○○○ inside?

『IBMも“入ってる”マーク導入』

IBMは、顧客企業の一般消費者向けの電子機器を対象に、IBMの半導体や電子部品を搭載していることを示す新しいブランドマークを導入した。
第一弾として、任天堂が14日に日本国内で発売する新型家庭用ゲーム機「ニンテンドー ゲームキューブ」の梱包(こんぽう)箱にロゴマーク「IBMテクノロジー」が登場する。 


ま: intel inside!
   IBM   inside!

あ: そうそう
   先駆者としてはintelが有名だね!

ま: 今回マークがつくのは
   梱包の箱でしょ!
   製品自体にはつかないようですね
   この辺りはintelと若干異なるようです

あ: 確かに・・・
   異業種による参入っていう感じもあるよね
   もともとPCの完成品メーカーでもあるIBMが
   部品供給におけるブランディング・・・

ま: 特にPCって
   複合企業製品の集合体ですから・・・
   最近その部品メーカーとしてのブランドも気になります

あ: パソコン選びには
   依然としてCPUのクロック数やハードディスクの容量とか・・・
   検討材料としてウェイトが高い!
   
ま: そりゃあ
   性能に対する重要度が高いのは
   当たり前ですよ
   いくらデザインがよくても・・・
   ちゃんと動かないと意味がない・・・

あ: パソコン業界では当たり前となった
   部品メーカーのブランディングと
   選択肢としての存在感・・・
   今後、家庭用ゲーム機をはじめ
   様々な商品でも浸透するかもしれない・・・

ま: デジカメやビデオカメラでも
   そうした競争になっています
   SONY + カールツァイス
   パナソニック + ライカ
   
あ: そうしたすでに有名ブランドの採用だけでなく
   現在でも非常に優秀な部品を提供し続けている企業が
   消費者に認められるようになるかもね

   消費者までの流通構造を所有できず
   大手完成品メーカーへの納入がメインの会社が
   逆に流通構造を所有しないという優位性を発揮し
   「横軸」にシェアを伸ばしていったりしてね・・・

ま: つまりintelのように
   「○○ならこの企業」って感じで
   どの完成品メーカーにも利用されている状態ですね
   でも・・・
   それじゃぁ完成品メーカーって一体何なんですか?
   役割は何なんでしょう?

あ: 今でも完成品メーカーとしてのブランド力は
   強いままでしょ!
   例えば自動車にしても
   何か故障があった場合
   直接部品メーカーに対して性能面の批評をする人って
   まだまだ少ないと思う

ま: 確かに・・・
   「あそこの車はちょっと・・・」とは聞きますが
   「あの部品メーカーってイマイチ?」なんて
   あまり聞かないですもんね

あ: でもこれからは・・・
   流通構造の「横軸」によるシェアを伸ばす企業
   そして それらを意識しはじめる消費者・・・
   ユニクロのように自社で全てを管理するのではなく
   複数企業の結集型商品については
   今までの裏方的企業と完成品メーカーに対する
   消費者の考え方に変化があらわれ
   購買に至る意思決定プロセスに影響が生じる・・・  
   
   部品メーカーの一覧表があって
   それぞれ どの部分にどこのメーカーの部品が使われているか?
   食品の成分表示のように詳しく記載されたり・・・

ま: 消費者もどの部品メーカーが採用されているのか?
   気になるようになるって事ですね?
   でも・・・それじゃぁ完成品メーカーとしてのブランドって
   薄れていくんじゃないですか?

あ: いやいや
   そうとは限らない!
   だって「横軸」で優位性を発揮する部品メーカーが登場することにより
   どの完成品にも同じ部品が採用されることが多くなるとして・・・
   例えばintelのCPUなんて
   Windowsパソコンでは殆どのメーカーに入ってる!!
   ―――で、もし完成品メーカーによって
   そのパフォーマンスに違いが生じたとしたら・・・

   完成品メーカーとして
   部品メーカーの性能を発揮できるコーディネート力が
   その評価となる!!
   これは非常に重要な事だよ!!

   つまり、単なる寄せ集めでなく
   パフォーマンスを発揮できるように
   調達、相性、調整、そして組み立てと
   流通システムとしての優位性が
   消費者からの評価につながるって事!

ま: なんだか小売業と似てませんか?
   同じ商品ラインナップでも
   違いを出す為にいろんな工夫がされてます・・・
   まさに流通業ですよ!

あ: 小売業だけが流通業ではない!
   こうして考みると
   完成品メーカーも流通業なんだよ!
   様々な部品の調達、コーディネート、消費者対応など・・・
   完成品メーカーとしてのブランド力が薄れるどころか
   益々重要になっていくと思う

   まだまだ完成品メーカーとしての商品として
   認識している商品が多いけど
   こうした今まで黒子的な存在でもあった
   部品メーカーのブランディングによって
   商品の「中身」に対する意識も深まっていくとすれば
   部品メーカーは勿論
   完成品メーカーとしての存在価値が
   クローズアップされてくる・・・

ま: 複数企業の結集型商品においても
   改めてその流通システムが
   優位性に関係してくるって事が  
   わかりました!!!
 

 

 

(C)轄通(このホームページの内容を無断で使用、転載する事を禁じます)


News52  THEロジ・ヤマダ  G'west  採用情報  会社案内  ホームへ戻る

Copyright © 1997 . All Rights Reserved.