2001年9月ニュースリストに戻る

 

『SSM プラス』(9/3)

――ユニクロ フリース 再利用――


ま: 「あ:」さん!
   服を買いに行きましょうよ!
 
あ: 服!? なんでまた・・・?

ま: なんで・・・って・・・
   もう秋ですよ 秋!
   秋物の服 買いに行かないと!

あ: そんなファッションにこだわりのある男だっけ?「ま:」さん

ま: それが・・・目覚めたんですよ!

あ: 去年の秋物でいいじゃない!?

ま: 駄目ですよ!!
   やはり今年は今年!!
   でももったいないですね。。。
   着なくなった服って。。。

『ユニクロ フリース 再利用』

ユニクロを展開するファーストリテイリングは、不要となったフリースを9月から無料で回収しリサイクルする。対象は同社がこれまで販売してきた約3000枚の商品で、他社製品の取扱いは行なわない。
回収した商品は断熱材や遮音材として再利用するほか、企業の自家発電用燃料にも利用する。


ま: 要らなくなったフリースを回収ですか・・・
   ユニクロがリサイクル市場へ参入って事ですね!
   SSMの確立によって
   一気にその商品市場を拡大してきたユニクロ・・・
   一体世の中にユニクロのフリースって
   どれだけ流通しているんでしょうね・・・

あ: かなりの量だろうね・・・
   色違いのフリースを何枚も持ってる人もいるわけだし。。。

ま: リサイクルシステムの確立は
   環境問題に対する貢献という面で
   非常に評価されますね!

あ: 消費者にとって常に新鮮で
   購買意欲が掻き立てられるブランドとして
   あり続ける為に・・・
   次々と新たな商品をプロモーションし続けている・・・

ま: 店頭に不要となったフリースを持ってきてもらうことによ って
   来店頻度が高まったり・・・
   環境問題への取組みとしてのリサイクルだけでなく
   当然 販売機会の拡大にも大きく影響しますもんね!

あ: これだけの流通システムをつくりあげてきたユニクロ・・・
   単に店頭に来てもらうきっかけとしてだけでなく
   流通システムとして考えているはずだよ

ま: わかります!!!
   つまり動脈だけでなく静脈としての流通も
   自らつくりあげることによって
   新たな需要を創出できすよね!
   例えば不要になった商品を
   消費者から回収する際に
   一定の料金を支払ったり
   新たに商品を購入する場合に
   値引きを行なったり・・・
   そうすれば回収率も上がるはずですよ!

あ: 以前から
   大手紳士服チェーンでも
   同じような取組みをしているけど。。。
   
   消費者が一旦所有した商品についての価値流通を考えた場合
   オークション市場が思い浮かぶんだけど
   こうした静脈流通における価値交換の促進が
   オープンな市場としてでなく、SSMの延長として   
   消費者が所有する価値を無駄にさせない
   サービスを提供することも
   これから大切になってくるんじゃないかな

ま: でも。。。
   家電リサイクル法で
   処理費用を負担する必要がありますよね
   所有する価値を手放すのに・・・
   かたや大手紳士服チェーンでは
   逆にお金が頂ける・・・
   どっちが正解なんでしょうか・・・?

あ: 正解 間違いとかじゃない・・・
   所有する価値を処理する方法―――
   すなわちその流通システムによって異なるって事!
   
   こうした静脈部分における流通システムの確立が
   今後企業単位、業界単位で発展していく事によって
   環境問題への取組みとしてだけでなく
   消費者が「消費」した後にも
   一連のSSMとしてのつながりが大切なんだよ
    
ま: 新たな需要の創出につながるんですね!
   リピート リピート・・・ってね

あ: 一回きり的な関係から
   永きにわたって価値を交換し合える関係に・・・
   そうした価値連鎖を滞らせない流通システムが
   スピードの時代といわれる現代に
   改めて見直されると思う・・・

 

 

 

(C)轄通(このホームページの内容を無断で使用、転載する事を禁じます)


News52  THEロジ・ヤマダ  G'west  採用情報  会社案内  ホームへ戻る

Copyright © 1997 . All Rights Reserved.