2001年7月ニュースリストに戻る

 

『PBが。。。』(7/12)

――ダイエー 低価格PBビール発売――


ま: もうすぐビア・パーティーですね!
   ガンガン飲みましょう!!「あ:」さん!

あ: ぼくはちょっと。。。

ま: あれあれ〜
   もしかして 僕の酒が飲めないっていうんですか?

あ: おいおい 昼間っから
   酔っ払いみたいな事言うなよ!

ま: まぁまぁ そんな事言わずに・・・
   今日も家でおいしいビールを飲もっ!

あ: 発泡酒でなくビール?

ま: そうなんですよ!
   低価格なビールが登場するそうで・・・
   助かりそう!

『ダイエー 低価格PBビール発売』

ダイエーはプライベートブランドの低価格ビールを発売する。1缶138円と、同社店頭のNBビールの通常価格に比べて約30%安く、NB発泡酒と同等の価格。
韓国メーカーに生産委託し、コストを抑えると同時に、日本人好みの辛口に仕上げた。


あ: 小売業独自のPBって
   いろんなカテゴリーで製造・販売されてるよね

ま: 待ってました こんなビール!
   恩恵に預かりますよ。。。私は。。。
   PB商品って
   もともとNBに比べて低価格ってイメージが浸透してますが
   吉野屋も280円になっちゃうくらい
   世の中低価格化が進んでいる中で
   小売業としてのPBとして
   消費者に受け入れられることができるのか?
   注目したいですね

あ: 以前「や:」さんが
   流通構造の「縦割り」と「横割り」について
   話をされてたんだけど
   日本を除くアジア各国が
   流通構造の中の「製造」機能を果たすようになってきてない?

ま: 生産拠点を海外 ――― 特にアジアへシフトする傾向は
   続いていますね

あ: SONY
   自社の製造部門として競争力を持って
   存在価値を高めようとしている

ま: 小売業によるPB戦略にも
   ユニクロ式が浸透し
   消費者にも受け入れられるようになれば・・・
   日本のNB市場にとって
   強力なライバルになりますね

あ: NBに対する考え方が
   消費者の中で変わってくるかもしれない
   高級ブランドの要素を持ったNBとか
   安心としてのNBブランド
   経験値としてのNBブランド・・・・

ま: そしてコストパフォーマンスのPBとか!
   逆に既存のNBにはない
   高級品を小売業のPBとして展開したり・・・
  
あ: 日本の製造業にとっても
   製造部分のコスト競争力においては
   厳しい部分があるけど
   日本の文化的な側面での地位を考えて
   メーカーとしての機能に固執せずに
   ブランド所有企業として
   逆にアジア――そして世界へ展開!
   もしかしたら大きなチャンスになるかもしれない

ま: 日本国内ではどうでしょうか?
   小売業としてのPBが
   これからどうなっていくんでしょうか?

あ: 安かろう 悪かろう・・・
   こうした考えは
   今の日本ではもしかしたら払拭されつつあるかもしれない

ま: これだけ低価化が
   身の周りで進んでいますから・・・

あ: これまでのGMSとしてのPBに対するイメージや
   考え方までも変えてしまうかもしれない!
   そんな期待を私は持ってます!
   
ま: 私はその低価格の恩恵を受けます! 

 

 

(C)轄通(このホームページの内容を無断で使用、転載する事を禁じます)


News52  THEロジ・ヤマダ  G'west  採用情報  会社案内  ホームへ戻る

Copyright © 1997 . All Rights Reserved.