2001年1月ニュースリストへ戻る

 

『ビジネスは 50:50』(1/24)

ま: 「あ:」さん
   今度の503シリーズ買うんですか?

あ: そういう「ま:」さんはどうするの?
   新しいモノ好きじゃない!

ま: 僕はちょっとお金が・ ・ ・
   この古着を誰か買ってくれたら買えるんだけど・ ・ ・
   オークションに出してみようっと!
   でも、便利になりましたよね
   こうして自分にとって価値のなくなったモノを
   必要としている人に売れる「場」があるんですから

あ: 人によって価値観が違うって事は
   昨日少し話をしたんだけど
   この価値は、モノに対する共通の知識
   そして情報を共有できるかに大きく影響する

ま: モノに対する共通の知識・情報?
   みんな同じ事を知る事で
   価値が生まれるんですか?

あ: 新しい知識や情報によって
   新たな価値観を形成していく

ま: つまり今まで知らなかった事を知ってしまうと
   今までと価値観が変わるって事ですね

あ: 例えば私の経験で言うと
   数年前までは車の事については
   街で走っている車の車種が何なのか?
   ほとんど知らなかった。 。 。

ま: そういう人っていますよね
   走れば何でも構わないって人!
   
あ: でも、ある人のお陰(?)で
   最近車に関する情報が
   どんどん入ってくるようになって
   気がつけば車に関する新しい価値観が
   頭の中を支配している事に気がついた

ま: つまり、今まで「何でもよかった」って人が
   リッチネスな情報を手に入れる事によって
   そのモノに対する価値観が変わったって事ですね!

あ: だから最近困っちゃってるんだよ
   お金をかけないで良かったモノにまで
   今まで考えもしなかった「こだわり」を持っちゃって...
   (何とかして)

ま: でも、消費者に対して
   そうした価値観を変えるような仕掛けって
   非常に重要になるんじゃないですか?
   
あ: 定価販売じゃなく
   オークションの利用も広がったりしているし
   消費者が価値を決める機会ができつつあるじゃない?
   いわば消費者も流通プレーヤーとして
   考えてもいいんじゃないかな

ま: それじゃ「消費者」と呼ばないかもしれませんね
   でも、それじゃ消費者が益々得をしていく事になりますね

あ: そうとは限らないんじゃない?

ま: えっ? どうしてですか?

あ: だってビジネスの基本は
   一言で言ってしまえば価値交換でしょ
   これをいかにうまく行なうのかが重要なんだよ
   お互いが「ありがとう」って本気で言えるような価値交換が
   ビジネスの基本って事!

   つまり、ビジネス(=価値交換)には損得はないんだよ

ま: なんか、そんなはずないって思ってしまいますね

あ: もちろん、ベストな価格かどうかは別にしろ
   売った側も価値を享受できてる訳だし
   お金をだした買手側も商品やサービスを享受できる訳だから
   損得はないはずでしょ
   
   同じ商品であれば
   価格で差がついたりしがちなんだけど
   その商品に対する知識・情報によって
   消費者の価値観を変える事ができるような取組みも
   差別化として考えた場合重要なんじゃないかな

ま: C to Cでのオークションを見ていても
   売りたい商品のプレゼンテーションって
   勉強になります

あ: 今の日本はモノの価値が多様化している
   その中で消費者の価値感って最高に高度になっている
   今のモノの価値はいろんなファクターによって決まるんだけど
   この価値に気づいてどう展開するのか?
   21世紀型消費者に対応するには
   ここの辺りを流通全体として考えないといけないんじゃないかな

DeNA リサイクル店比較』

internetオークションの「ビッダーズ」を運営するディー・エヌ・エーは、リサイクル店に対し買い取り金額を見積もり比較できるサイト「おいくら」を2月中旬に開設する。消費者が不用になった商品を売り出す際、リサイクル店や質店、古書店など複数の買い取り額を比較できる。
 

 

 

(C)轄通(このホームページの内容を無断で使用、転載する事を禁じます)


News52  THEロジ・ヤマダ  G'west  採用情報  会社案内  ホームへ戻る

Copyright © 1997 . All Rights Reserved.