2001年1月ニュースリストへ戻る

 

『internetとリアルをパッケージとして・・・』(1/22)

あ: 今回は『メディアパッケージ』と題して
   お送りしてきましたけど
   残るは... 「本」ですね
   メディアの主役ともいうべき「本」
   これがinternetの普及によって
   「電子書籍」として注目されていますが。。。
   果たしてどうなんでしょうね
   個人的には ちょっと...って感じなんですが

や: そうかなぁ
   僕はそう思わないよ

あ: えっ? どうしてです?
   是非、「や:」さんのご意見を伺いたいですね

や: 一番普及しているモノだからこそ難しい
   仕組みが簡単なものほど難しい

あ: ?????

や: 電子書籍って言うけど
   internet自体が電子書籍化してるって言えるでしょ

あ: 確かにそうした機能も果たしてくれています

や: 電子書籍をメディアとして考えてみると
   既存の「本」というのはinternetが使えない場所で
   優位性が生じる訳でしょ
   それと既存の流通構造や著者の権利を考えないとね

あ: 独特の商慣習や著作権の問題ですね

や: 既存の「本」だとコストはかかるけど
   コピーは可能だよね
   でも電子書籍の場合もっと簡単に
   コピーができちゃうでしょ
   
   簡単なものほど難しいって言うのは
   例えばつくった人の権利が守りにくいとなると
   良いモノが生まれなくなったり...

あ: それはヤバイですよ
   電子書籍に対する信用というか
   普及に障害が・ ・ ・

や: 電子書籍が流行らないって言ってるんじゃないよ
   「マス化」するにはいい媒体なんだよ
   例えば小説なんかだと
   「さわり」だけ電子書籍として無料配布して
   「面白そうだな」って思った人だけ
   全編購入するってパターンも考えられるでしょ

あ: 音楽配信の時に話した時と似ていますね
   「コンテンツの流通」として考えた場合
   同じ展開が考えられるんですね
   
や: 電子書籍が既存の「本」の流通に
   本格的な影響を与え始めると
   立ち読み機能が電子書籍によって変わったり
   物流的に見れば
   紙とコンテンツが融合している「本」なんだけど
   電子書籍で「さわり」を見て
   欲しい本を店舗で発注して
   その場で製本できたら・ ・ ・

あ: あ―――っ!
   それは良いですよ!
   「本」の流通が変わるのが分ってきましたよ!

や: 問題は在庫なんだろうね
   今日はテーマが違うから話は置いといて。 。 。
  
   メディアパッケージをどう考えていくのか?
   印刷工場、本屋さん、どちらでやるのもよし!
   そのままデータ化されたコンテンツを楽しむのもよし!
   大事な部分に線を引いたりする事ができないけど
   電子書籍だけで完結するコンテンツを考えたり
   いろんな方法が出てくるんじゃないかな

あ: どっちかだけがいいって訳じゃなくって
   両方の良い部分を補ったりできるんですね
   
や: 今まではinternetとリアルを分けて考えていた事も
   これからは両方を一つのパッケージとして
   可能にできた業界、企業が
   21世紀大きく飛躍する条件じゃないかな!
 
   

バーンズアンドノーブル 電子出版進出』

米書籍小売大手のバーンズアンドノーブルは、昨年8月電子書籍を販売するオンライン書店を開いたが、今度は電子出版部門、 『Barnes and Noble Digital』を設立する。 作家に35%とより高率の印税を支払い、より低価格で電子書籍を販売し、新たな電子書籍市場を構築する。


グッズメディア(1/19)
 

 

 

(C)轄通(このホームページの内容を無断で使用、転載する事を禁じます)


News52  THEロジ・ヤマダ  G'west  採用情報  会社案内  ホームへ戻る

Copyright © 1997 . All Rights Reserved.