2001年1月ニュースリストへ戻る

 


『消費者が笑点!?』(1/11)

あ: 昨日リッチネスな情報を提供する人にも
   何か得をするような仕組みが必要なんだって事を
   おっしゃってましたけど
   詳しく知りたいんですけど...
   
や: 昨日、最後に言った事覚えてる?

あ:
 もちろん!
   「オタッキー = プロフェッショナル」
   ですね

や: そうですよ
   今までは「おたく」と言われる人って
   どこか「怖い」ようなイメージで見られたりしてたよね

あ: どちらかと言うと
   マイナスのイメージが強い表現じゃないでしょうか

や: でも、よく考えてみると
   プロ野球選手やJリーガーも
   オタクって言えばオタクだもんね

あ: 
確かに...
   その道を極めているという面ではそうかも...

や:
 オリンピックの金メダリストも
   その道で「おたく」さんにならないと
   きっと金メダルは取れないでしょ
   つまり世の中にはいろんな「おたく」さんが
   いるって事なんだよ
   
あ: なんか「おたく」さんが身近に感じてきました

や: Webの世界では
   この「おたく」さんが力を発揮する
んだよ
   例えば、あるジャンルの掲示板に
   管理者として価値ある情報を提供したり
   
あ: internetの掲示板では
   一般論的なコミュニティよりも
   オタッキーな世界の方が盛り上がりますもんね
   
や: そして価値ある情報提供者が
   どうやって見合う価値を享受できるのか?
   今回紹介するフレッシュアイの
   「ざぶとんポイント制掲示板」のような事例も出てきてる
   
あ: 価値ある情報の提供者にも
   何らかの価値が享受できるって事ですね

や: つまり「インタラクティブ」って事でしょ!
   情報の受発信を行なう双方が得するようになるんだよ
    
あ: 私も価値を享受できるよう
   早く価値ある情報を提供できるようになりたいです
   
や: ただ、これからみんな
   あるジャンルでオタッキーになっていけば
   「おたく」さんが「おたく」さんじゃなくなる
   つまり、誰しも何らかの「おたく」さんになるってイメージ

   こうなってくると
   マス的な消費が弱くなっていくかもしれないね

あ:
 そんな風になっちゃうんでしょうかね?

や:
 その人個人のオタッキーな面で
   価値あるものをどう収集し、どう提供していくのか?
   流通システムとして考えないとね

   
   今回紹介するフレッシュアイの制度が
   いい事例になると思うよ

   『有意義な発言に座布団進呈!』
     
大手検索サイトのフレッシュアイは、ネット上の掲示板で有意義な
     発言をした人に対して座布団を進呈する「ざぶとんポイント制掲示板」
     を開始した。掲示板の管理人が「役に立つ」と思う発言者に対して
     ポイントを与え、毎月末にポイント数の上位10人に座布団を贈る仕組み。
     座布団は京都市内の老舗座布団メーカーに製作依頼。素材も仏間に
     使用するものと同じ綿を使用したという。
     管理人の資格は自分のホームページを持っている人か、掲示板の発言で
     ポイントを30以上獲得した人。

 大手検索サイトのフレッシュアイは、ネット上の掲示板で有意義な
     発言をした人に対して座布団を進呈する「ざぶとんポイント制掲示板」
     を開始した。掲示板の管理人が「役に立つ」と思う発言者に対して
     ポイントを与え、毎月末にポイント数の上位10人に座布団を贈る仕組み。
     座布団は京都市内の老舗座布団メーカーに製作依頼。素材も仏間に
     使用するものと同じ綿を使用したという。
     管理人の資格は自分のホームページを持っている人か、掲示板の発言で
     ポイントを30以上獲得した人。


   
   NEWS52的に注目なのは
   提供される「ざぶとん」が本物だって事!

あ: 力入っててますよ これは!

や: 役立つ意見(本物の情報)に対して本物の商品を提供する
   これがいいね!
   まぁ、座布団自体にどれだけ価値があるのか別なのかもしれないけど
   要するに参加者にとって価値あるものであればいいんだよ
   オリンピックの金メダルって全部純金って訳じゃないけど
   価値あるものとして、参加者が目標にしてるでしょ
   
   それに「おたくさん」
が「おたく」さんじゃなくなってくると
   「あなたは何に興味ありますか?」って聞かれても
   「野球」とか「自動車」って感じの広い範囲で答えるんじゃなく
   「□□球団」の「△△選手」とか
   「○○自動車」の「◇◇」(車種)とか...
   そんな時代の流通を考えていこうよ

あ: 私もプロフェッショナル(「おたく」さん)目指します!

や: internetの世界では
   「おたく」さんが「おたく」さんじゃなくなっちゃう
   一般の世界で言う「おたく」さんは
   一般の世界にいるから「おたく」さんであって
   internetのようなSEEKな世界、そしてコミュニティ性のある世界では
   「おたく」さんは「専門家」になるんだよ

           otakusan.jpg (28467 バイト)

   この「おたく」さん(=専門家)が
   たくさん登場することで
   いろんな分野に広がっているんだよ
   そしてinternetの世界では、この「おたく」さんの中でも
   「超・おたく」さんが更なる専門家になっていく...
   
   これは The masses crisis だよ
  



『NTTドコモ503シリーズ情報獲得作戦』(1/10)

インタラクティブを追求した業態転換(1/12)


 

 

 

(C)轄通(このホームページの内容を無断で使用、転載する事を禁じます)


News52  THEロジ・ヤマダ  G'west  採用情報  会社案内  ホームへ戻る

Copyright © 1997 . All Rights Reserved.