2000年6月ニュースリストへ戻る

『いつまでも かわらないもの・ ・ ・ 』(6/7)

 

や: そろそろボーナスの季節だねぇ
   「あ:」さん

あ:
 そうですねぇ
   待ちに待ったボーナスですよねぇ!

や:
 雑誌とかでもボーナス狙いっぽい特集が組まれてるよね
   今年は腕時計かな!

あ:
 「や:」さんも今日、時計見に行ってましたもんね!

や:
 見に行ったんだけど
   やっぱり腕時計と言えばブランドに目がいっちゃうよね

あ:
 私なんかも買物する時には
   必ずブランドを見てしまいます

や:
 「あ:」さんのように
   日本人って結構ブランドで買ってしまう人が多いんだけど
   値段が高いといっても、やはりブランドに対する信用が高いからね

あ:
 確かに私の中で
   「いいモノ」 = 「高い物」 = 「ブランド」っていう図式があります

や:
 日本でも一昔ではMade in JAPANと言えば
   高品質っていうブランドでもあったと思うんだけど
   これからは品質以外の知的な価値も商品に加えていかないと
   高いブランドイメージにはつながりにくい

あ:
 高いブランド力を確立する為にも
   商品の質だけでなくデザインやイメージも重要ですね

や:
 ただ、ブランドの拡大戦略って
   なかなか難しいよね

あ:
 以前おっしゃってました
   ブランド普及による陳腐化の可能性ですね

や:
 そうした事も考えながら
   長いスパンでみて継続的に利益が出る形にするとか
   いろいろ戦略を練らないとね

あ:
 あと国によって違う商習慣についても対応しないといけませんね
   日本でのナイキアディダスの戦略の違いが良い例です

や:
 これからブランド力をつくるのが重要になってくる
   でも、結局は「本物」とか「感性」とか「アイデンティティ」なんだよ!

あ:
 単なる真似とか、フェイクでは高いブランド力は形成されません!

や: 日本の文化自体も見直さないといけないかもね
   マーケティングを最優先して
   日本的な部分を否定している風潮を感じるよ!
   創業元禄○○年といって昔ながらの老舗のあるこの日本で
   ブランドについて、もう一度考え直す時期が来たと思うよ

あ:
 つくる方も、買う方もですね!

 

◇◇◇関連記事◇◇◇

『TIFFANY 高収益』
米高級宝飾品専門店 TIFFANY は、2−4月決算で売上高は前年同期比26%、純利益が同88%増と急成長した。売上げ増を店舗拡大に頼るのではなく、顧客と生涯を通じた関係を築くことが、かわらぬ成長の基本戦略で、今後も TIFFANY のサングラスが発売される事はないそうだ。

 

(C)轄通(このホームページの内容を無断で使用、転載する事を禁じます)


News52  THEロジ・ヤマダ  G'west  採用情報  会社案内  ホームへ戻る

Copyright © 1997 . All Rights Reserved.