2000年5月ニュースリストへ戻る

『3人寄れば文殊の知恵』(5/17)

 

や: 「あ:」さん、
   最近テトリスにはまってるんだよ

あ: えっ?
   テトリスですか?、今頃
   ずいぶん古いですねぇ

や: マッチングを考えてるんだよ!
   もし、ネット市場がたくさん登場してきて
   膨大なデータが入ってきたら
   それをどうマッチングさせるんだろう?
   テトリスみたいに複雑にね!

あ: そんなことを考えながら
   テトリスやってるんですか?
   古いというか、何と言うか ・ ・ ・
   常に次の展開を考えてるんですね

や: そう、まず八百屋を始めよっかなあって時に
   売りたい野菜をどうやって仕入れるのか考えるよね

あ: つまり必要な素材をどう揃えるのか?ですね

や: 今は具体的に材料探しになっている
   そしてその材料をITを使ってマッチングさせようという
   動きが見え始めている

あ:
 集めた膨大なデータを
   ITですべてマッチングさせるんですか?

や: マッチング屋 = 市場屋に必要なツールを提供する
   新たなプレーヤーの登場って事かな?

あ: 市場屋さんって
   いわゆる売手・買手が出会う「場」を作る人ですね
   そういう人に対して必要なツールって何です?

や: 新しい流通構造に変化していく中で
   実際のプレーヤーは具体的なツール作りに動いているよ
   勿論、そこにはビジネスモデルも絡んでくる
   実は、昨日そういう新たなプレーヤーの方々にお会いしたんだけど
   話をさせて頂いて
   市場に対するIT部分でのマッチングエンジンが
   市場の差別化につながっていく事を感じたよ

あ: マッチングエンジンですか?
   いかに最適な条件同士を結び付けるか?ですね
   これをITを使ってやってしまおうって事ですね

や: ちょっとはわかってきたみたいだね
   このマッチングエンジンは
   市場の違いに関係なく応用できる可能性がある
   そうすると市場屋同士の競争に差が出始める

あ: つまり精度の高いマッチングが
   現在登場している様々な電子市場で可能になると言うことですね

や: そしてスピードもね!

あ: それってビジネスモデル特許も絡んでくるんでしょうね

や: そうでしょう!
   これからは先を創造していく事がすごく大切かもしれない
   柔軟性のある頭が必要だよ!
   よーくいろんなヒントもみつけないとね!!

あ: わかりませんよ、そんなの

や: 誰かとディスカッションする?
   3人くらいがいいかもね

あ: 3人ですか?

や: 3人寄ったら・ ・ ・

あ: ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 。

や: でも、それが大切なのがinternetですよ
   私も脳を溶かしに行こう!

◇◇◇関連記事◇◇◇

『ネットマーケットのソリューションが始まる』
ネットを利用したマーケットが各業界で登場している中、エヌピーシーシステム・ドットコムでは、独特のアルゴリズムによる自動入札方式を開発、荷主と物流業者の直接取引を可能とするシステムを展開する。今後はこのアルゴリズムを他の分野でのネット市場にも応用していく考え。

 

(C)轄通(このホームページの内容を無断で使用、転載する事を禁じます)


News52  THEロジ・ヤマダ  G'west  採用情報  会社案内  ホームへ戻る

Copyright © 1997 . All Rights Reserved.