2000年5月ニュースリストへ戻る

『ビジネスの勝機って・・・』(5/15)

 

あ: 「や:」さん
   我々が出しているバナー広告って
   どれだけの人に見て頂いてるんでしょうね?

や:
 物流、ロジスティクス、3PL
   サーチワードのバナーを出してるんだけど
   結構このバナーをきっかけに
   弊社のページに来て頂いた人もいるんだよね

あ:
 そういう意味でもバナー広告の効果が
   あったと言えますね
   ところでinternet上の広告については
   日本ではいち早く取り組んでいた
   ハイパーネットが当時注目を集めていましたね

や:
 最近になって元ハイパーネット社長の板倉さんが
   特許と共にインターキューにいっちゃったんだけど
   ちょうど96年ぐらいかなぁ
   当時デファクトスタンダードを取るって言うのがある種流行っていて
   「とにかく早くしかけた者が勝ち」って感じだったんだ

あ:
 その時にハイパーネットが登場したんですよね
   でも本当に素晴らしいシステムなのに
   どうして『社長失格』になっちゃったんでしょう?

や:
 んー、
   日本のベンチャー企業の取り組みとか
   ベンチャー・キャピタルによる資金調達といった環境が
   整いきれてなかったと言うことなんだろうね
   最近になってマザーズやナスダック・ジャパンが登場し
   ベンチャーにとって資金調達が比較的容易になって
   やっとそうした環境が整いだしたと思う
   反面、ネット関連企業の株価が不安定になったりしてるんだけどね


あ:
 特に日本でもこの1年の間で
   こうしたネットに関わる環境が激変していると言われています
   大手の取り組みを見ても分かりますよ

や:
 リアル経済でもネットの影響を受けるようになったのも事実だし
   いろんな流通構造でITを使ったECが新しく生まれ
   変化、進化してく、勿論新しいプレーヤーの登場もね!

あ:
 業種、業態を超えた大きな変化が
   まさに今起こっているんですね

や:
 ここで忘れちゃいけないのは
   ビジネスはタイミングだって事!

あ:
 そうですね
   もしハイパーネットのサービスが
   環境が整った今登場したらどうなっていたか?
   まあ、その前に誰かが同じサービスを
   始めていた可能性もありますけどね

や:
 ターゲットとしている市場の環境を考え
   ビジネスを行なうタイミングを図らないと
   いいシステムでも受け入れられないしね

あ:
 そうですね
   例えアメリカの西部開拓時代に現代の自動車を持っていっても
   ガソリンがなくなれば役にたちませんからね!
   『Back to the future』みたいに!

や:
 そういう事!

◇◇◇関連記事◇◇◇

『インターキュー ネット広告配信特許 実施権供与』
 
プロバイダーのインターキューは、ネットを通じた広告配信など米国で申請中の特許の実施権を、米国のプロバイダー大手ネットゼロに対し供与する。申請中の特許は1997年に自己破産を申請したハイパーネットが出願したもので、昨年インターキューが特許権を買収した。

 

(C)轄通(このホームページの内容を無断で使用、転載する事を禁じます)


News52  THEロジ・ヤマダ  G'west  採用情報  会社案内  ホームへ戻る

Copyright © 1997 . All Rights Reserved.