2000年5月ニュースリストへ戻る

『50歳の合通がこれからチャレンジすること』(5/08)

 

あ: 2000年5月1日をもちまして、50歳になりました

や:
 本当に皆様のご支援でこの度50周年を迎えることができました
   心から、感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

一同:
皆様、本当にありがとうございます


あ:
 これからの合通は、どういう方向に向かうんでしょうか???

や:
 んー、今日は、これからの合通のスタンスについてお話しましょう

あ:
 よろしくお願いします。

や:
 まず、テーマは、「物流業」という流通プレーヤーから
   
新しい流通のプレーヤーになるということです

あ:
 新しい流通プレーヤー???

や:
 そうです。キーポイントとしては、大きく3つあります
   まず、
「物流」に関しては、ITを駆使した「物流ソリュー
  ション」
です
   既存の物流に関するノウハウとITを駆使して
   洗練された物に変化させるこのような取り組みを行います

あ:
 ITで、どんなことが始まるんでしょう???

や:
 きっと、物流の構造が大きく変わるよ
   インターネットを活用した求車求貨の市場や
   コミュニティが数多く出現してくる
   そして統合があったり、いろんな変遷を経て
   大きなポータルが出現すると思う
   その一方で、運営やオペレーションに特化した
   プレーヤーも登場するし
   ITを使った高度な物流システムが開発されてくる
   こういう市場に対応するような活動を行うと思うよ

あ:
 求められる役割も変わっていくでしょうし
   それらにも対応しないといけませんね

や:
 二つ目
   
知的資産の流通システムを開発するということ。
   知的資産の調達、生産、販売を
   流通システムで完結するようなシステムを開発します
   これは非常に多岐に渡るよね
   販売促進、ブランド展開、ECを絡めたマーケティング
   小売活動まで…

あ:
 まさに流通全般を捉えた活動です!

や:
 そして3つ目
   
期待値創造のEC化です。これは、説明が難しい。

あ:
 ニーズに対応していくことが
   複雑になってきているって事だと思います

や:
 いずれにしても言える事は
   物流業のノウハウを活かして
   新しい流通構造を構成するプレーヤーに変身していくということです。
   いろんなマーケットが登場してきます。いろんなサービスが
   世の中の生活を変えていくように 我々の活動によって
   少しでも世の中に貢献できるようなプレーをすることが
   これからの合通の信念になると思います。

あ:
 21世紀に向けた新たな活動に期待して欲しいですよね!

や:
 いろんなサービスを試行錯誤をし
   時には失敗もしながら構築していくことになるでしょう。
   NEWS52もそのサービスの一つです。

あ:
 これだけのノウハウを活かさない手はないですよね!!!

や:
 これだけは言えることですが、協業が大切です。
   一つの企業以上で、いろんなことを達成しようとするのは、
   いつの時代も変わらない。
   あとは、方法と分担、ここが大切。
   最近、いろんなお手伝いができる体制を構築しようとしていますので、
   どしどし、このコミュニティで一緒にやっていきましょう!!!!
    今後ともNEWS52 よろしくお願い致します。

 

(C)轄通(このホームページの内容を無断で使用、転載する事を禁じます)


News52  THEロジ・ヤマダ  G'west  採用情報  会社案内  ホームへ戻る

Copyright © 1997 . All Rights Reserved.