<< 前のエントリ合通のトップページへ
2021年07月20日

【物 流】JR貨物 2021年6月 輸送動向


JR貨物は2021年6月の輸送動向を発表した。

コンテナ輸送では、新型コロナウイルス感染症に伴う景気低迷からの回復が見られ、輸送量は前年比109.0%の1,603千トンとなった。

品目別では、EC需要の拡大や3月からのブロックトレイン運転開始などから積合せ貨物の発送増となり、前年比112.7%の276千トンとなったほか、自動車生産の回復に伴い化学工業品では前年比117.1%の144千トン、化学薬品では前年比111.8%の113千トン、自動車部品では前年比132.4%の61千トンとなった。一方、緊急事態宣言による飲食店の営業規制によってビール類等の需要が落ち込み、食料工業品は前年比98.7%の275千トンとなった。

車扱いでは、前年比109.4%の583千トンとなっており、品目別ではセメント・石灰石で前年比145.3%の109千トンと増加が見られた。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:45| 物流事業者