<< 前のエントリ合通のトップページへ
2020年08月27日

【物 流】サンデン・リテールシステム 新型の可動式保冷車を発売


サンデン・リテールシステムは可動式の保冷庫「REVOCOOL(レボクール)」の新型を販売する。新型の「REVOCOOL(レボクール)」は一般的に普及している運搬用台車(カゴ車)の標準的なサイズと同様にすることで、常温・冷蔵・冷凍のそれぞれの商品を効率よく混載させることが可能となり、トラックへの積載率を大幅に上げることができるようになる。また、近年の物流業界をとりまくトラック運転手の不足や高齢化、商品の品質管理の問題について、同製品を取り入れることで課題解決が期待できるようになっている。

「REVOCOOL(レボクール)」はコンパクトなサイズ設計が特長であり、一般貨物と冷凍・冷蔵製品を運ぶ場合には従来はドライ車と冷凍・冷蔵車の両方を手配する必要があったが、REVOCOOLを使うと通常の運搬車に冷凍・冷蔵商品を混載することで、効率的な輸送が実現される。混載輸送を可能とすることで、物流費だけでなく、人件費の削減にもつながる。

その他にも商品に合わせて冷蔵と冷凍の切り替えができるほか、無電源の状態での保冷時間は10時間を確保できる仕様や、目視性に優れた表示パネルも採用されており、温度・エラー・バッテリー残量・保冷残時間を一目で確認することができるため、商品の品質管理にも役立つことが期待される。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:45| その他