DC(distribution center)

   物流センター。流通市場で、特定企業の物流を行う施設

ECR(effectient consumer response)

   食品産業の関連メーカーと大型小売業が協業し
   生産から販売までのサイクルを短縮、在庫回転率を高める手法

EDI(Electronic Data Interchange)

   通信によりコンピュータ同士でデータのやり取りを行うこと

EMS(Electronics Manufacturing Service)

   環境管理システム。ISO14000など

ETC(Electronic Toll Collection System)

   料金所で停車しなくても有料道路を利用できるシステム

E&S
(Effective & Speedy Container Handing System)

   鉄道コンテナを本線の列車から積卸しする方法 着発線荷役方法

ERP(Enterprise Resource Planning )

   営業、財務、生産など企業活動に必要な情報を統合するシステム

FA(Factory Automation)

   工場自動化 産業ロボットなどで生産過程の自動化など

FAZ(foerign access zone)

   輸入促進地域。輸入の拡大と対日直接投資を進める施策として1992年に設けられた

FEU(Forty Foot Equivalent Units)

   40ftコンテナを1単位と換算するコンテナ取扱貨物量の計算方法

FOB(Free On Board)

   買手の指定する船舶への積込で契約が完了する取引。本船渡し

ページの先頭へ




コーポレート部門の物流パートナー経営企画Logi 関西エリアでのDC構築実績はこちらから モーダルシフト環境物流対策は鉄道コンテナを 関西エリアでのプラットフォームシェアサービス 合通時計をガジェットでダウンロード