<< 前のエントリ合通のトップページへ
2021年04月16日

【物 流】センコー 高速バス会社と「貨客混載」を開始 小ロット・低コスト輸送実現


センコーとWILLER EXPRESS(以下ウィラーエクスプレス)は2021年4月からウィラーエクスプレスが運行する高速バスの荷物スペースを利用し「貨客混載」幹線輸送を東名阪間で開始した。

今回開始する貨客混載に使用する便は、東京(江東区)〜大阪(堺市)、東京(江東区)〜名古屋(港区)、名古屋(港区)〜大阪(堺市)を結ぶ計3路線、1日約50便(現在コロナ禍で減便中)だ。運べる荷物は1件350kg未満で、バスの出発地までの集荷と到着後の配送はセンコーが手配を行う。

バスの荷物スペースを有効活用することで、例えば東京〜大阪の場合、1件18,000円〜43,000円(発着地からの集配距離により変動)とトラックに比べて低コスト輸送を実現できる。

センコーは今後、サービス開始後の状況を踏まえながらウィラーエクスプレスの高速バスネットワークをさらに活用し、顧客の希望時間帯や輸送量へ柔軟に対応する小ロット荷物のスピード輸送サービスとして充実を図っていく予定にしている。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:45| 物流事業者