<< 前のエントリ合通のトップページへ
2021年04月14日

【物 流】エスキュービズム 受注管理システム『ORANGE OMS』の提供開始


エスキュービズムはOMO時代(オンラインがオフラインを含んだ状態、概念のこと)の多彩な販売方法を実現する受注管理システム『ORANGE OMS』の提供を開始した。

『ORANGE OMS』は複数倉庫在庫管理、店頭在庫のEC出荷、入出庫管理の簡易化、拡販施策管理などに加え、入出荷検品などをはじめとするバックオフィス機能を統合し、EC、店舗、倉庫の情報をシームレスに繋げることができる。これによりチャネルをまたいだ購買と在庫管理を可能にする。

『ORANGE OMS』は、チャネルごと(店舗・EC・コールセンターなど)にばらばらだった情報を連携・管理し、チャネルを跨いだ接客や購買サービス(「店舗で商品を確認し、ECで支払う」や「ECで申し込みした商品を店舗で試着、そのまま自宅への配送を依頼する」など)が可能になる。そのほか、在庫情報・在庫移動情報の一元管理や従来のEC系システムで対応が難しい出荷検品・入庫検品などの情報も現場目線の設計で業務負荷を下げながらEC在庫・他店在庫・自店在庫などの複数在庫の一元化ができる。

昨今はコロナ禍においてECの需要が拡大し、ECの世界と店舗の世界の融合が今後より強く求められるようなっている。『ORANGE OMS』はほぼすべての業務を1つのシステムで実施することから、コロナ禍やOMO時代に求められる柔軟で効率的な在庫管理、出荷、取り寄せ等に対応することができ業務効率の向上が期待される。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:45| IT関連