<< 前のエントリ合通のトップページへ
2021年04月02日

【物 流】近鉄 福山通運と名阪特急を活用した貨客混載輸送を開始


近畿日本鉄道(以下 近鉄)と福山通運は、近鉄が大阪難波〜近鉄名古屋間で運行する名阪特急「アーバンライナー」を活用した貨客混載輸送を、2021年夏頃を目安に実施する。

これまでの大阪市内〜名古屋市内間の輸送は貨物翌日以降に配送するサービスが主流であり、当日配送するにはトラックをチャーターするのが一般的であったが、名鉄特急を使用し貨客混載輸送を実施することで、当日配送が安価で可能となり、利用者の利便性が向上する。

今回の貨客混載輸送事業により、近鉄では空きスペースを活用した物流による収益確保、福山通運ではチャータートラック便需要の取り込みによる新規開拓や収益確保、道路状況に左右されない安定した輸送ルートの確保等の効果をそれぞれ見込んでいる。

今後、国交省に対し総合物流化法に基づく総合効率化計画の認定申請を行い、認定され次第事業の詳細について発表していく。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:45| 物流事業者