<< 前のエントリ合通のトップページへ
2021年03月31日

【流 通】山九グループ会社 全車両に衝突防止補助システムを導入


山九の連結子会社サンキュウ・トランスポート東日本など6社は、2021年2月より安全運行管理の強化を目的に、インテルのグループ会社であるモービルアイが開発した衝突防止システム「Mobileye570」を全車両584台に導入する。

「Mobileye570」はシステムを搭載した車両の前方自動車、バイク、自転車、歩行者、及び車線逸脱を常時モニターし、衝突の危険が迫ると警告音やアイコン表示でドライバーへ警告し、車間距離の確保や安全運転の向上、事故防止に繋げる。

システム導入にあたって、導入企業で2020年10月から2か月間テスト運用を行い、安全運行に対する有効性を確認している。また「Mobileye570」とドライブレコーダーを連動することで、リアルタイムでの情報取得も可能となる他、動画情報を保存し分析し、ドライバー一人ひとりの運転傾向や癖をつかみ、改善につなげる。

今後、山九の全営業車両や他グループ会社の車両約500台への導入も検討しており、車両・ドライバー管理を行いつつ、貨物管理も含めた他システムとの統合による一元管理に発展させていく予定にしている。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:40| 流通