<< 前のエントリ合通のトップページへ次のエントリ >>
2019年04月18日

【環 境】三井不動産と東京ガス 「日本橋スマートエネルギープロジェクト」を開始


三井不動産と東京ガスは、共同で設立した三井不動産TGスマートエナジーを通じて「日本橋室町三井タワー」内に「日本橋エネルギーセンター」を2019年3月31日に竣工し、2019年4月1日より日本初となる既存ビルを含む日本橋室町周辺地域に電気と熱を安定供給する「日本橋スマートエネルギープロジェクト」を開始した。

日本橋スマートエネルギープロジェクトは、CGSによる発電と発電時に発生する廃熱を有効に活用し、年間を通してエネルギーの地産地消を行い、省エネ省CO2を実現する。また、情報ネットワークを活用した「日本橋エネルギーマネジメントシステム(NEMS ※)」を構築することで、プラント内に新設したCGSや自己熱源設備だけでなく、既存ビルの熱源設備も含めた地域全体の熱源設備の最適運用を日本で初めて実現した。

両社は今後、他エリアでも連携を予定しており、協業を深化・進化させていくことで、国内外に向けて発信できる「スマートエネルギー事業」の先進モデルを構築していく。

※ NEMS(Nihonbashi Energy Management System)
NEMSは、エリア内の負荷予測を行い、高効率なCGS及び熱源機器の最適運転を行うことによりCGS廃熱の利用効率を高め、地域全体における省エネ、省CO2に大きく貢献している

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:50| 環境配慮型施設・設備【内容】