<< 前のエントリ合通のトップページへ
2019年04月16日

【物 流】Hacobu 4G/LTEに対応した車載専用端末の販売を開始


Hacobuはソフトバンクの協力のもと、 平成31年(2019年)4月9日より4G/LTEに対応した車載専用端末「ムーボ・スティック(シガー給電型車載GPS端末)」の販売を開始した。

Hacobuは物流情報プラットフォームのMOVO(ムーボ)上で動態管理ソリューションを提供しており、ムーボ・スティックは新型のムーボ・スティック(シガー給電型車載GPS端末)として販売される。 OBDポートまたはシガーソケットに差し込むだけで、リアルタイムに車両位置情報の管理が可能となっている。

ムーボ・スティックはGPS・通信モジュールが内蔵されており5秒に1回の頻度で位置情報を取得し、 物流業界最高レベルの動態(速度・距離・時間)の取得によりリアルタイム管理できる。 それにより、市街地の配送管理など従来のGPSソリューションでは精度が不足していた領域でも活用でき、速度超過アラートや配送計画から算出した遅延予想アラートを発出することが可能となっている。また、自動地点認識(ジオフェンス)機能を搭載しており、登録地点に近づくとドライバーの操作なしで特定地点に到達した時刻や出発した時刻を自動記録し、日報として保存することも可能となっている。もう一つの特徴としては、端末の取付工事を必要とせず電池交換等の必要もないため、 協力会社など自社以外のトラック(傭車)にも容易に導入でき、 様々な車両の間で抜き差しして使用することができる。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:45| IT関連