<< 前のエントリ合通のトップページへ
2019年03月14日

【流 通】錠剤サイズの「飲む体温計」動物適用実験に成功


東北大学イノベーション戦略推進センターの中村力特任教授,マイクロシステム融合研究開発センターの宮口裕助手,工学研究科の吉田慎哉特任准教授らの研究グループは,胃酸発電で動作する錠剤サイズの「飲む体温計」を開発し,動物適用実験に成功した。

健康状態を把握するための重要な指標の一つである安静時の基礎体温,深部体温やそのリズム(体内時計)は,一般的な体温計では測定が難しく,また誤差も大きい。温度センサを肛門に挿して直腸温を測定する方法は,正確かつ比較的容易に深部体温を測定できるが,これを日常的に行うことは難しい。

そこで研究グループは,胃酸発電でエネルギーを獲得する飲み込み型センサを開発した。胃の中でセンサに貯めたエネルギーを腸内でも使用することで,深部体温を継続的にモニタリングすることができる。有害なボタン電池を搭載していないので安全に使用でき,錠剤サイズにまで小さくすることで,滞留せずに確実に体外に排出されることが期待できる。今回,試作したセンサを動物に服用させて動作検証をした結果,発電,測温,通信というシステム全体の動作を確認することで,コンセプトの実証に成功した。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:40| 流通