<< 前のエントリ合通のトップページへ
2019年02月05日

【流 通】プラスとボクシーズ オフィスの簡易座席予約アプリを開発


プラスは、ボクシーズと共同で、オフィスにおける多様な働き方をサポートするための簡易座席予約アプリ「Suwary(スワリー)を開発した。

プラスは、オフィス空間づくりにおいて新しいワークスタイル提案「IGOCOCHI making(イゴコチ・メイキング)」をコンセプトに掲げ、仕事の内容や気分に合わせて働く場所を自在に使い分けるワークスタイルを提案している。

しかし、働く場所を自由に選択するワークスタイルは個々の主体性に委ねる部分があり、フリーアドレスや、誰もが自由に利用できる共有スペースを導入した企業から、「一部の人しか利用していない」「利用状況が分からない」といった意見があがっていた。

そんな課題に対し、デスクを簡単にIoT化し、予約管理・利用推進ができるアプリとして「Suwary(スワリー)」を開発した。

「Suwary(スワリー)」は、オフィスにおけるフリーアドレスやABW(アクティビティ・ベースド・ワーキング ※)、コワーキングスペース、シェアオフィスなどが増えるなか、さまざまな環境での活用が期待できる。

※ ABW Activity Based Working
時間と場所を自由に選択できる働き方

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:40| 流通