<< 前のエントリ合通のトップページへ次のエントリ >>
2019年01月29日

【環 境】京急電鉄と神奈川県 「SDGs推進に係る連携と協力に関する協定」を締結


京浜急行電鉄と神奈川県は京急線沿線地域のSDGs(※1)の達成に向けて、平成31(2019)年1月22日に「SDGs推進に係る連携と協力に関する協定」を締結した。

神奈川県は国による「SDGs未来都市」および「自治体SDGsモデル事業(※2)」の両方に都道府県として唯一選定されたほか、生活のすべてにわたって安全・安心を確保し、将来に向けて持続可能な形を維持していくため、「かながわプラごみゼロ宣言(※3)」などの取り組みを進めている。

両者は相互連携と協働による活動を推進し、地域のニーズに迅速かつ適切に対応し、県民サービスの向上および地域の活性化を図っていく。

※1  SDGs
平成27(2015)年9月に“国連持続可能な開発サミット”で採択された「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)の略。17の目標と169のターゲットからなり、国連に加入するすべての国は、2030年までに、貧困や飢餓、平和的社会など持続可能な開発のための諸目標を達成すべく力を尽くすとされているもの。

※2 自治体SDGsモデル事業
平成30年(2018)6月に、全国でSDGs達成に向けた優れた取り組みを行う29自治体を「SDGs未来都市として選定し、そのうち、特に先導的な10の取り組みを「自治体SDGsモデル事業」に選定した。

※3 かながわプラごみゼロ宣言
SDGs未来都市である神奈川県は、深刻化する環境問題に取り組んでおり、特にマイクロ・プラスチック問題に力を入れている。2030年までのできるだけ早期に、リサイクルされない、廃棄されるプラごみゼロを目指す。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:50| その他の取組【内容】