<< 前のエントリ合通のトップページへ
2018年12月18日

【物 流】全ト協 7335事業所を2018年度安全性優良事業者として認定


全日本トラック協会(以下、全ト協)は「2018年度貨物自動車運送事業安全性評価事業(Gマーク制度)」によって、トラック運送事業者の交通安全対策等において事業者単位における取組みを評価して一定の基準をクリアした事業者を「安全性優良事業者」として認定した。

貨物自動車運送事業安全性評価事業(Gマーク制度)は、利用者がより安全性の高い事業者を選びやすくするとともに、事業者全体においても安全性向上に対する意識を高めるために、事業者の安全性を正当に評価・認定・公表する制度である。認定を受けた事業者は認定証のほか「安全性優良事業者」の証として認定マークおよび認定ステッカーを使用することが認められる。これにより事業者は「安全性優良事業者」であることを荷主や一般消費者等にアピールすることが可能となる。

今回、新規・更新をあわせた7,516申請事業所の内、2018年度安全性優良事業者として7,335事業所を認定した。これによって2014年〜2018年までの更新申請事業所と合わせて安全性優良事業者は25,343事業所となった。認定の有効期間は2019年からは新規事業所は2年間、初回更新事業所は3年間、2回目以降の更新事業所は4年間となる。今回の認定によって全国のトラック運送事業所の約3割が安全性優良事業者となる。

全ト協は今後も引き続き認定事業所の一層の拡大のために、荷主や一般消費者等に対してGマーク周知や認定事業所のインセンティブ拡充、巡回指導時における普及促進などに努めていく。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:45| 物流事業者