<< 前のエントリ合通のトップページへ次のエントリ >>
2018年12月07日

【アジア】日立産業制御 交通流シミュレーションシステムを中国・東南アジア地域で発売


日立産業制御ソリューションズは、道路を走行する車の挙動をシミュレーションした2Dアニメーションを作成し、渋滞率などのデータを集計・提示する交通流シミュレーションシステム「TRAFFICSS」(トラフィックス)に、より精緻なシミュレーション機能を追加した「TRAFFICSS OD Ver3.1」を日本、中国と東南アジア地域で販売する。国内外の建設コンサルタントやゼネコンの道路施策立案関係者などユーザーは「TRAFFICSS OD Ver3.1」を活用することで、信号のない交差点での横断歩行者の挙動や公共交通機関の停車時間も考慮した、より現実に近い精緻なシミュレーションに基づき、新規の道路建設や渋滞対策など、さまざまな道路施策の効果や課題を定量的かつ視覚的に評価することができる。

また、従来より、日立産業制御ソリューションズがユーザーの代わりにシミュレーションを実施するシミュレーション請負業務サービスの一環として、3Dアニメーションを作成・提供していたが、今回、既製の3D地図データを活用することで、従来よりも短期間で、実際の街並みに近いアニメーションを作成・提供可能となった。3D アニメーション作成・提供サービスを利用することで、ユーザーは事業発注者や住民に対してより訴求力のある提案を実施することができる。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:30| アジア