<< 前のエントリ合通のトップページへ次のエントリ >>
2018年11月26日

【環 境】中部電力 CO2フリー電力を活用したEV・PHV向け充電サービスに関する実証実験


中部電力は、トヨタ自動車、トヨタオートモールクリエイト、野村総合研究所と平成30(2018)年12月25日より、CO2フリー電力(※1)を活用した電気自動車やプラグインハイブリッド車(以下「EV・PHV」)向けの充電サービスに関する実証実験を開始する。

この実証実験では、CO2フリー電力の活用による再生可能エネルギーの利用拡大や、EV・PHVの充電インフラの普及拡大につながる充電サービスの事業性評価を目的に実施する。具体的には、カラフルタウン岐阜(岐阜市柳津町)に設置されたEV・PHVの充電器で使用される電力を対象に中部電力がCO2フリー電力を供給する。

利用者は専用の充電カード(※2)とスマホアプリを利用し、EV・PHVにCO2フリー電力を有償で充電することにより、カラフルタウン岐阜の店舗で利用できるクーポンや、カテエネポイントへの交換や環境団体等への寄付に活用できるエコチャレポイント(※3)を受け取ることができる。これにより、充電にかかる費用を抑えながら、地球温暖化対策への取り組みに参加することができる。


※1 CO2フリー電力
J-クレジット制度(温室効果ガスの排出削減量や吸収量をクレジットとして国が認証する制度)を活用し、再生可能エネルギー発電由来のクレジットを中部電力が調達する。調達したクレジットによりCO2排出量を調整した「CO2フリー電力」を顧客に提供する

※2 専用の充電カード
トヨタコネクティッドが運営する充電ステーションで、充電サービスを利用する際に必要となるカード。有料の充電サービスを利用する場合、登録したクレジットカードに料金請求が行われる

※3 エコチャレポイント
同実証実験向けに独自に設定した専用アプリ内のポイント

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:50| 低公害車・低燃費車関係【内容】