<< 前のエントリ合通のトップページへ
2018年11月09日

【知 識】JAL・KDDI・KDDI総合研究所 「5G」を用いた便利で快適な空港サービスの実証実験開始


JAL、KDDIとKDDI総合研究所は、共同で次世代通信規格「5G(※)」を用いた航空サービスに関する実証実験を開始する。

この実験は、開設したJAL Innovation Lab(以下、ラボ)内に、5G通信環境を備えた搭乗ゲートなどの空港施設を模した施設をKDDIおよびKDDI総合研究所と再現し、実際の利用状況を想定した新サービスの実証実験を行う。自社施設内で行う「5G」の実験は、航空会社としては、日本で初めてで、状況に応じたレイアウト変更などが可能となるため、精度の高い検証が可能になる。

実証実験では、5G専用端末によるタッチレス搭乗ゲート、利用者ニーズに合わせたコンテンツ配信、位置情報を用いた搭乗案内などを検証する。


※ 5Gは以下の特長を持った次世代通信規格で、2019年以降順次日本に導入予定

・高速・大容量(4Gと比べて約20倍)⇒4KやVRなどのリッチな映像体験などが可能
・多接続(4Gと比べて約10倍⇒各種センサーデータとリアルタイムに連携
・低遅延(4Gの1/10以下)⇒遠隔地をリアルタイムに体験することが可能

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:35| 知識