<< 前のエントリ合通のトップページへ次のエントリ >>
2018年11月08日

【知 識】パナソニックと千葉工業大学 次世代ロボット掃除機のコンセプトモデルを開発


パナソニックと千葉工業大学は、最先端の人工知能(AI)技術、自動操縦技術とロボット技術を搭載し、高度な知能化白物家電へと進化させた次世代ロボット掃除機のコンセプトモデルを共同開発した。

このコンセプトモデルは、ディープラーニングで進化させた世界初(※1)の「AI床センサ」により、床上の物体を認識し、段差に応じて自動的に本体を持ち上げて走行を続けるほか、千葉工業大学未来ロボット技術研究センター(fuRo)独自の高速空間認識技術「ScanSLAM」(※2)を活用して、部屋の形状のみならず、室内で動く人も検出。ロボットの全周囲にある動・静物体を認識して、瞬時に自分と相手の位置を把握する知能を備えている。自動操縦技術との組み合わせで、タブレット端末で掃除スポットを遠隔で指示したり、人と協調して掃除することも可能で、周囲環境と自分の位置を常に正確に把握できるため、確実に充電台に戻ることができることに加え、ロボット技術により、充電台にドッキングした本体を、電動で縦置き状態に吊り上げる機能も実現した。

パナソニックと千葉工業大学は、2017年12月に次世代ロボティクス家電の技術開発を目的に、同大津田沼キャンパス内に「パナソニック・千葉工業大学産学連携センター」を設立した。今回の開発は同センター所長も兼ねる同大fuRoの古田貴之所長による指揮の下、両者のエンジニアが大学と企業の垣根を超えて合同で開発を進めた。

千葉工大fuRoがロボット開発で培ってきたソフトとハードの基幹モジュールの活用およびその統合開発のプロセスと、パナソニックが長年培ってきた、信頼性の高い家電製品の企画・開発力を掛け合わせ、ソフトとハード統合しながら短期間で試作と改善を繰り返すアジャイル開発に挑み、高度な知能化白物家電の開発では革新的な約3か月という短期間で完成させることができました。コンセプトモデルのデザインは、世界的なプロダクトデザイナーの山中俊治氏が、パナソニックのデザイナーと共同で創作。デザインとエンジニアリングの双方でオープンイノベーションを推進した。


※1:ロボット掃除機に搭載された、レーザ距離センサとディープラーニングを用いた床上物体認識技術として、2018年11月1日現在、パナソニック調べ。

※2:ScanSLAM
千葉工業大学fuRoが開発した高速・高精度なSLAM技術。ロボティクスシンポジア2017&2018「優秀論文賞受賞」。SLAM(Simultaneous Localization and Mapping)技術とは、レーザやカメラ等のセンサの情報を解析して自己の位置を推定しつつ周囲の地図を構築する、自動操縦やロボットにおける"人間の目"の役割に相当するコア技術

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:35| 知識