<< 前のエントリ合通のトップページへ
2018年10月29日

【物 流】厚生労働省 テールゲートリフター使用時の労働災害防止対策を推進


厚生労働省は、荷役作業中の労働災害の防止を図るために「陸上貨物運送事業における荷役作業の安全対策ガイドライン」を策定し、陸運事業者や荷主といった関係者への周知・取組への促進を図っている。

しかし依然として、テールゲートリフターに起因する労働災害は多発している。タイプ別でみると作業者の転倒・転落・飛び降りや荷の転倒・転落による下敷きや昇降板との間に挟まれるといった労働災害が上位を占めている。このことから厚生労働省と労働者健康安全機構労働安全衛生総合研究所は、テールゲートリフターの安全な使用方法についてリーフレットをとりまとめた。全日本トラック協会にも傘下の関係事業者や労働者、荷役作業に係るトラックドライバー等に対して周知させ、より一層の安全対策の推進を図っていくように依頼した。

<作業の安全のために守るべき6つの基本ルール>
@平坦な場所で使用する
A積載重量を遵守し、昇降板の中央部に荷を配置する
B昇降板・キャスターそれぞれのストッパーを使用する
C周辺の安全を確保し、三角コーン等を配置する
D作業にふさわしい装備をする
E各社取扱説明書を参考に始業前点検・定期点検を実施する

<使用場面別ルール>
[荷台の高さにある時]
・地面を背にして後退りしない
・昇降板上で作業できるスペースを確保する
・昇降板は揺れやすいので慎重に移動する
・昇降板等の傾きによる荷の動き出しに注意し、荷が動き出したら無理に支えない
(地面に接地している時も同様に注意する)
・昇降板のストッパーを踏みながら運搬しない(地面に接地している時も同様に注意する)
[地面に接地している時]
・昇降板の先端部と地面の段差に注意する
[昇降・展開・格納している時(動作中)]
・作業者は原則として昇降板に乗ったまま移動(昇降)しない
・移動するときは昇降板を地面と荷台の中間で止め、ステップとして昇り降りする
・昇降板から荷がはみ出さないようにする
・昇降板から少し離れた横に立ち昇降板の周辺から目を離さない
・動作中の昇降板には触らない、近寄らない

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:45| 行政関連