<< 前のエントリ合通のトップページへ
2018年10月18日

【物 流】国交省 鉄道輸送統計月報(概要)平成30年7月分


国土交通省は平成30(2018)年10月11日に同年7月分の鉄道輸送統計月報(概要)を公表した。

当月の貨物数量総合計は3,076千トン(前年同月比17.5%減)、貨物トンキロ総合計は1,118千トンキロ(同比35.2%減)となった。

貨物数量のうちコンテナは1,445千トン(同比30.9%減)、車扱1,631千トン(同比0.4%減)、貨物トンキロのうちコンテナは993千トンキロ(同比38.1%減)、車扱125千トンキロ(同比4.5%増)となっている。

運輸局別の輸送トン数は関東が一番多く1,757千トン(同比13.5%減)であり、そのうちコンテナはすべての地域で前年同月比を下回っているが、車扱については東北・関東・北陸信越・中部地域において前年同月比を上回っている。貨物トンキロでは東北が一番多く257千トンキロ(同比9.9%減)、貨物トンキロのコンテナにおいてもすべての地域で前年同月を下回った。しかし車扱についても輸送トン数と同様に東北・関東・北陸信越・中部地域において前年同月を上回った。

貨物列車および貨物車走行キロ数は貨物列車計が4,186千キロ、貨物車計が58,090千キロとなっている。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:45| 行政関連