<< 前のエントリ合通のトップページへ
2018年10月10日

【物 流】ナビタイム 『トラックカーナビ』に「ルート情報」と「走行軌跡」を追加


ナビタイムジャパンは、トラック専用ナビゲーションアプリ『トラックカーナビ』の「位置共有機能」を拡充し、「ルート情報」と「走行軌跡」をユーザー間で共有できるようにした。
 
『トラックカーナビ』の「位置共有機能」では、最大50名のユーザー間で互いに現在地や移動速度、目的地、到着予想時刻等をリアルタイムで共有することができる。同社がアプリ開発を進める中で特に「ルート情報」や「走行軌跡」を共有したいという声が多く挙がったことから、今回の機能拡充に至った。

「ルート情報」では、走行中のナビゲーション画面を、高速・一般ルートを色分けし、次の目的地をGアイコンで表示する。これにより、仲間が走行しているルートを簡単に把握でき、配送先にあとどれくらいで到着できるかが、よりイメージしやすくなる。

一方の「走行軌跡」は、実際に走行した地点を軌跡として地図上に表示可能となる。これにより、仲間のユーザーが実際にどの道を走行してきたのか確認できる。また、別の画面に切り替えて確認する等の手間がなく、走行中に簡単に位置共有が可能となる。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:45| IT関連