<< 前のエントリ合通のトップページへ
2018年09月28日

【物 流】大阪府トラック協会 ホームページで落下物や逆走の危険を啓発


大阪府トラック協会は、ホームページ上で、高速道路上での「落下物」や「逆走」の危険性を告知し、注意を呼び掛けている。

高速道路上の落下物が危険であることは言うまでもないが、自身の過失による落下物が他の高速道路利用者に損害を与えた場合、法に則って落とし主に賠償の責任や罰則が発生する。
告知では、加害者にならない為にも、運転前には積荷の積載状態の点検や幌、シート、ロープ等をかけて積荷が飛ばないようにすることが重要であることを伝えている。また、落下物を発見した場合には道路緊急ダイヤル(#9910)や、料金所の係員、最寄りのSA・PAの非常電話等で情報提供することを求めている。落下物事故に遭わない為にも、日頃から十分な車間距離の確保、制限速度の遵守、運転中のスマートフォン操作は行わないようにする。万が一落下物事故に遭った場合は路肩等安全な場所に避難し、110番や非常電話での通報を行うことを呼び掛けている。

また、高速道路上は一方通行であり、規制標識や案内標識、路面表示で逆走の注意喚起や進行方向の確認を呼び掛けている。もしも逆走してしまった場合は、ハザードランプを点灯させ速やかに路肩等の安全な場所に停車させる。車内に留まるのは危険なため、ガードレール外などの安全な場所に避難し、110番や緊急電話・緊急ダイヤル(#9910)に通報することも伝えている。

告知では逆走車を発見した場合の対応策も述べられており、まずは速度を落として逆走車と十分な車間距離をとる。衝突を避けるため路肩等の安全な場所に避難し、110番または道路緊急ダイヤル(#9910)、非常電話等で情報提供を行うことを求めている。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:45| 物流事業者