<< 前のエントリ合通のトップページへ次のエントリ >>
2018年09月27日

【環 境】王子グループ 生分解性プラスチックと更なる機能を加えた紙製品の開発推進


王子グループは、イノベーション推進本部パッケージング推進センターを中心に、プラスチックに替わる、生分解性プラスチックの開発と更なる機能を備えた紙製品の開発を進める。

これまでは飲料やヨーグルト・アイスクリームなどの容器、ファストフード店で利用される耐油昨日を備えた容器・包装紙など食品用途向けの各種原紙を製造してきたが、最近、欧州連合(EU)が海洋生物保護のため、使い捨てプラスチック製品の使用を禁止する法案を提出し、米国大手会社チェーンが相次ぎプラスチック製容器やストローを見直す計画を出すなど、世界でプラスチックに替わる製品の需要が高まっている。

王子グループは、これまでも環境負荷削減の取り組みとして、植林と紙のリサイクルを積極的に進めており、国内外に管理・保有する合計45万ヘクタールの森林資源は、年間で約1390万トンの温室効果ガスを吸収している。これは王子グループ温室効果ガス年間排出量の約2倍にあたる。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:25| 企業の取り組み【機関】