<< 前のエントリ合通のトップページへ
2018年09月25日

【物 流】三菱ふそう 大型トラックに「レベル2」の自動運転機能導入


三菱ふそうトラック・バスは、2019年末までに「レベル2」の自動運転機能を搭載した大型トラック「スーパーグレート」を発売する。

この自動運転機能については、独ダイムラー社と共同開発した最新技術を活用した新機能で、メルセデス・ベンツブランドの大型トラック「アクトロス」に搭載される技術を共用する。

「レベル2」の自動運転システムは、ブレーキ、アクセル、およびステアリングを個別に制御する水準。「スーパーグレート」は自動運転機能として下記2点の新機能を搭載する。

1. アクティブ・ドライブ・アシスト(ADA)
ふそうの実績ある定速走行・車間距離制御装置をもとに構成。特定の速度でのみ作動するシステムとは異なり、運転を部分的に自動制御する。ストップ&ゴー制御機能や車線維持アシスト機能を備えドライバーの負担を大幅に軽減し安全性が向上。

2.アクティブ・ブレーキ・アシスト5(ABA5)
前方車を含む障害物への衝突の危険が迫った時に必要に応じてフルブレーキ(急ブレーキ)を自動的に作動し、ドライバーを支援するシステム。レーダーやカメラシステムと連携し、車両前方の空間をより正確に監視し、路上の歩行者への対応精度が向上。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:45| IT関連