<< 前のエントリ合通のトップページへ
2018年09月13日

【物 流】JR貨物・全通連 北海道胆振東部地震による被災自治体に救援物資を無償で輸送


日本貨物鉄道(以下、JR貨物)と全国通運連盟(以下、全通連)は2018(平成30)年9月6日に発生した北海道胆振東部地震の影響で被災した地域に向けて企業等が寄贈する救援物資(救助用寄贈品)の輸送を無償で提供するとした。

無償で輸送を引き受ける救援物資は12ftコンテナ1個単位(5トン以内)であり、被災自治体に対する救援物資(救助用寄贈品)の輸送を行う。期間は、同年9月10日以降、準備が出来次第当面の間実施する。
 輸送方法はJR貨物の全国の貨物取扱駅から被災地の最寄りのコンテナ貨物取扱駅まで貨物列車で輸送する。荷送人(発送する顧客)の指定場所から最寄りのコンテナ取扱駅までと被災地の最寄りのコンテナ取扱駅から被災地の荷受人(受領する顧客)までは鉄道利用運送事業者がトラックで輸送を実施する。

申し込み条件は、救援物資輸送の申し込み前に品名・数量・受入れ等にてついて荷受人となる自治体と打合せを実施し、受け取り承諾を得た貨物に限るとしている。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:45| 物流事業者