<< 前のエントリ合通のトップページへ次のエントリ >>
2018年09月10日

【環 境】出光興産 タイでバイオディーゼル燃料の品質改良技術支援を実施


出光興産は環境社会への貢献と豊富なバイオマス資源を有する東南アジアでのビジネス機会創出を目的として、タイ政府が推進するバイオディーゼル高配合化プロジェクトの技術支援を実施し、改良試作品の連続生産に成功した。2018年9月よりパーム椰子由来のバイオディーゼルの燃料混合比率を10%とした実車テストを実施する。

タイ政府は、再生可能エネルギー導入の推進とエネルギー自給率向上を目的としてバイオディーゼル配合率を現行の7%から10%に引き上げることを目標としている。しかしバイオディーゼルの使用には、金属腐食やオイル劣化、フィルター詰まり等の酸化安定性に起因する問題があるため、目標達成のためにはバイオディーゼルの品質改良が必要とされている。

これらの問題を解決する為に、産業技術総合研究所が日本で開発した基本技術を活用し、タイでのプロジェクトメンバーと連携し、酸化安定性を改善する部分水添技術(H−FAME)の実証設備の連続運転に成功した。実車テストではピックアップトラック8台を使用し、エンジン等への影響を確認する。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:50| 環境負荷低減【内容】