<< 前のエントリ合通のトップページへ
2018年08月01日

【物 流】国交省 夏期多客期におけるトラック運送事業者向けテロ対策を依頼


国土交通省自動車局長は、全日本トラック協会(以下、全ト協)に対して、トラック事業者の夏期の多客期におけるテロ対策の徹底を依頼した。

国土交通省では、国民生活の「安全・安心」を確保する観点から、テロ対策の強化・徹底に取り組んでいる。そんな中、夏期の多客期(同年7月21日〜9月2日)は、大量の輸送需要が集中して発生すると同時に各地で行事や催物等が行われることにより多数の人出が予想される。これを受けて全ト協では、各都道府県トラック協会傘下のトラック事業者に対して、多数の人が集まった防御が比較的手薄なソフトターゲットを狙ったテロ事案が発生していることに留意して、夏期の多客期の交通機関や交通関係施設及び人出が予想される施設等を中心に、トラック運送事業における輸送の安全確保や、テロ対策の徹底を図っていくよう依頼している。


【テロ対策】
・営業所や車庫内外の巡回
・終業後のドアロック
・車両、身分証明書、制服等の管理及び盗難、紛失時の警察への連絡
・営業所等における不審な荷物の発見時の警察への連絡
・配送先から荷送り人に覚えがないなど、不審な荷物である旨の連絡があった場合の荷物に触れない旨の注意喚起、荷物の状態に応じた速やかな引き取り、警察への連絡
・放射性物質等危険物輸送における安全管理
・テロ発生時の通報、連絡、指示体制の整備

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:45| 行政関連