<< 前のエントリ合通のトップページへ次のエントリ >>
2018年07月23日

【環 境】NEDO 機動性に優れた高効率ガスタービン複合発電の要素技術開発に着手

NEDOは、既存の火力発電設備の改造や更新向けに、再生可能エネルギーの出力変動に素早く対応する高効率ガスタービン複合発電の要素技術開発に着手する。

この事業では中核機器であるガスタービンの負荷変動対応について要素技術を確立し、実機に組み込むめどを付けることを目的とし、この技術を開発することで、天候によって出力が変動する太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギーの安定的な大量導入とCO2排出量削減の両立を目指す。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:25| 企業の取り組み【機関】