<< 前のエントリ合通のトップページへ
2018年07月12日

【物 流】エコシップ・モーダルシフト優良事業者を36者が受賞


エコシップ・モーダルシフト事業実行委員会は「エコシップ・モーダルシフト優良事業者」として荷主18者、物流事業者18者の計36者に対して海事局長表彰を実施した。これにより優良事業者受賞者は合計で荷主141者、物流事業者153者となった。

フェリー事業者やRORO船、コンテナ船及び自動車船事業者で構成するエコシップ・モーダルシフト事業実行委員会は、平成20(2008)年度より海上貨物輸送を一定水準以上利用してCO2削減に取り組んだ荷主、物流事業者を、「エコシップマーク認定事業者」として選定している。

「エコシップマーク認定事業者」に選定された事業者は、「エコシップマーク」を梱包材や車体等に表示することで、海上輸送を通じた環境対策に貢献する企業としてのイメージアップに役立てることができ、更なるモーダルシフトの促進が図られている。

「エコシップマーク認定事業者」の中でも特に環境負荷の低減に貢献したと認められる事業者については、「エコシップ・モーダルシフト優良事業者」として、毎年度、海事局長表彰が行われている。10回目となる2018年の表彰では、荷主18者、物流事業者18者の計36者が受賞し、優良事業者受賞者は合計で、荷主141者、物流事業者153者となった。

「エコシップ・モーダルシフト優良事業者」として選定されるための条件は、「総貨物量(トンキロベ−ス)の30%以上について海上輸送を利用した者、海上輸送を利用してCO2排出量を前年度から15%以上削減した者」となっている。

表彰された事業者は、荷主と物流事業者の協力により、環境に配慮した海上輸送が実現できている。また、早期からフェリーを使った無人航送に着目し、実行してきた事業者が多く、ドライバー不足の解消や拘束時間の緩和にもつながっている。

※ 製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です

投稿者:gotsuat 09:45| 行政関連